FC2ブログ

継父の老健での様子

夕方、母が何事もなかったかのような顔して、
ショートから帰宅しました。


とりあえず、痛みもなく、変わりはないようなので、
大丈夫かなっと。
まずは一安心。



ーーーーーー


昼ちょい前に、継父がいる老健に行ってきた。
タイミング良ければ、食事形態がれるかなって期待して、
あえて昼前に行った。



入り口を入ったすぐにリハビリ室がある。
何気に見ると、見覚えのある後頭部(笑)と、
痩せた後ろ姿が目に止まった。



見っけ!!



後ろからヌッと顔を出し、継父に声をかけると、
一瞬誰か分からなかったようだけど、
マスクを取ったら分かったようで、



「おお~、おお~!!」


と手を上げた。



「リハビリはこれからか?」と聞くと、
「終わった!!」とキッパリ。
あら残念・・・と思っていると担当のリハビリの先生が来た。



ちょうどタイミングが良かったのか、
車椅子をリクライニング式のものに変更するとのこと。



どうしても、普通の車椅子だと、
股関節部分が直角に曲がるため、
拘縮がある股関節まわりに負担が強いのではないか?
との見解。



継父にしたら、今の車椅子だけでも抵抗がある。
本人曰く、
「車椅子なんか、いらん!!
って言っても持ってくるんだ!!」

と言われるけどね、歩けないでしょ?!って感じ。



そりゃもう、大抵抗したけど、結局乗らされたけど、
乗り心地は満更でもない感じで、しっくりしている。
しばらく、このごっつい車椅子で様子を見るとのこと。



その他に嚥下体操と、口周りのリハビリ。
これがね、大きな口開けて「あ、い、う、え、お」を言うのですが、
「アホかっ!!ヽ(`Д´#)ノ」
って激昂!!



なだめる私も一苦労。



そこから、もう、身内のわたしがいるせいか、
気分が大きくなり、暴言を言いたい放題。
リハビリの先生には申し訳なくて平謝りだったけど、



リハビリの先生
「ご家族が居て、ご本人が自分の言いたいことが言えて、
私も初めてご本人が考えていたことが聞けて、
私は良かったですよ」




そう言っていただき、ありがて~~(T_T)



激昂したリハビリはあっけなく終了。
でも、どんな状態でも見たかったから良かったかな。



その後は昼食の食堂へ移動。
運ばれた継父の食事のトレーを見て驚いた。
入所した初日に行った時、『刻みで様子見』とのこと。
なのに、今日見たら、おかずが、



ミキサー食!!



ご飯がお粥。




これじゃーね、食べないよ。



言語聴覚士さんが居たので確認してみた。
やはりムセがあるのと、一口の量が多いとのこと。
でも今日見た限りだと、そんな感じもないし、
何より、本人が「食事がまずい」と言って、
食べたがらないので、これではマズイでしょ。



40キロ切っている体重。
これ以上痩せさせるわけにもいかない。



一応、試しに、一口カットの形態にしてもらい、
見た目が美味しそうで、食べる意欲を出してもらいたい。




30分で帰ろうと思ったけど、
結局、2時間も居た。
疲れたよ。トホホホ・・。


スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

♪菜の花♪

Author:♪菜の花♪
主人、息子の3人家族。
平成20年12月、実母が急性心筋梗塞で心肺停止。
後遺症で高次脳機能障害に。
平成21年1月、実家に家族3人で引っ越す。
平成21年春頃、継父の認知症が分かる。
平成21年9月、実母退院し、両親のダブル介護生活スタート。
平成22年10月、継父GHに入所。
令和元年12月、大腿骨骨折。GH退所。
令和2年1月、老健入所。
ただ今、実母を自宅で介護中。
(現在継父→要介護3、母→要介護3)

平成28年7月、義父が心室細動により意識障害に。
平成28年12月施設入所。(要介護5)
平成30年4月義父他界。

義母(全盲)
平成29年2月施設入所。(要支援1)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR