FC2ブログ

担当者会議

昨日、担当者会議があった。


我が家付近は駐禁の取り締まりが厳しいので、
いつもお世話になっている居宅・デイサービス・ショートがある
施設のフロアの一部をお借りした。


行くとケアマネさんがお出迎え。

「まだね、誰も揃ってないの。
で、○子さんも参加したほうがいいか迷ってるんだけど、
どうしようか?

実はね、昨日、ショートフロアへ行ったらね、
○子さんがね、

「帰るー、帰るー!!」

って言ってたの。
夕方で帰られる方のお迎えが来てたから余計なんだけど、
一応なだめるために、


『明日、娘さんが来るからね』
って言ったら落ち着いてきたみたいだけど・・・。




まずいでしょ・・・、それ。
私が来たら帰れると思うじゃないの!!

「前も緊急で呼び出されたときに、病院へ連れて行くかの判断で、
ショート中に伺ったとき、
本人は病院になんか行きたくないのに、

「病院行く」

ってスタッフの前では言って、私の前では、

「病院行かない」

ですからね~。
懲り懲りです、もう、勘弁です。




ということで、母は参加せず、
ケアマネさん、デイサービススタッフ、ショートスタッフ、福祉用具の方、
そして私を入れて5人でスタート。


本当は訪問看護師さんが参加する予定でしたが、
すっかり忘れていたようで、ドタキャンでした。
リハビリの先生は最初から欠席の意向で、
FAXにての要項をケアマネに送信済み。



で、まあ、スタートしたわけですが、
まあ、まあ、自宅と外での大きな違いを聞きまして、
唖然でございます。


まず、



〈デイサービス〉
① デイサービスのレクには積極的に参加。
  頭の回転が早く、サッサと答えを自ら発言する場面が
  多く見られる。


② トイレに行きたいときは自分から言うことがある。

③ 最近記憶力が良くなり、新しいスタッフが担当すると、
  自分はできるのに、何も出来ないふりをすることがある。

④ 感情がはっきり出るようになったため、
  今何を考えているか想像しすやすくなったし、
  コミュニケーションが出来る事に感動。
  一時のときから見たら大きく変化しているので嬉しい。



〈ショートステイ〉
①ショートでもおトイレはこちらが誘導することもあれば、
  ご本人から言われることがある。

②昨日もそうだが、帰宅願望が強く、
  「いつ帰る?」を何度となくスタッフに聞く。

③配膳のお手伝いや、トレイを拭いてくれたり、
 頼めば快くやってくださいます。



だそうです・・・。
あぜんです。


私からは、
「最近ショートから帰宅すると疲れはあるものの、
表情も豊かだったり、言葉が頭が断然違う!!

毎朝起きたとき、今日が何曜日で、今日どこへ行くのか、
それさえもわからない不安な状態でいて、
いいんだろうか?と思う。

デイサービスや、ショートを利用しているが、
自宅にいるときは表情すらもないし、言葉数も殆ど無い。
そんな状態で、自宅にいる意味があるのか?

あと、母が発症し10年が経ち、私自身、このまま在宅での介護を続けていく
気持ちが薄くなりつつあり、疲れも出てきている状態。


親は大事だけれど、自分が倒れてからではおそすぎる。
そろそろ、自分の事も考えていきたい、自分の人生も生きたい。」




こんなこと言ったことで、隣りにいたケアマネさんがビビりだした。


「とりあえずさ、緊急処置でショートを月の半分まで使うとかさ、
疲れてきちゃったら、平日のショートなら空きがあるし。
色んなもの使ってさ、極力、疲れをためないようにやってこ。


「絶対在宅じゃなきゃだめ!!」じゃないんけど、
今、ガッツリ施設に入れても本人も辛いと思う。
とりあえずはショートを細々取りながら、
少しずつ、施設に慣らしていく感覚かな。」



そっかあ・・・、
やっぱ、まだまだ若いし、特養となれば平均年齢高いし、
重い方が多いからね。

あと緊急性高い人が優先って感じする・・・。




まっ、きっちり一ヶ月のスケジュール予定としては出ますが、
そのまま遂行するというわけじゃなくて、
自分の身体を見ながら、無理なく、やっていくしかないのか。


話したことで、現状の私の状態はわかってもらったのは、
良かったかなって思う。


『私が看なきゃ、頑張んなきゃ!!』って思っていたけど、
そうじゃない。


母の人生は母にしか歩めない。
わたしの人生もわたしにしか歩めない。


「お互い様精神!!」だな。


スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 小春日和~両親の介護日記~ All Rights Reserved.