FC2ブログ

気分転換

昨日ショートに入った実母。
ショートに入る日の夜中、母をトイレに連れて行ったあと、
いろいろ考えていたら、2時から寝れず。


気がつけば新聞配達のバイクの音が聞こえ、
いつもの時間に目覚ましが鳴る。


気持ちも、体も重いまま母の朝の支度にかかる。
でも、ショート入りの朝なので、多少前向き^^;


ショートだとわかると、いつもどおり聞くあのセリフ。


「トイレは大丈夫?」


「しらないっ!!」


「・・・・・」


トイレだけが心配の母。
それだけがクリアできれば大丈夫なわけないのですが、
毎回聞く。


ショートから帰ったあとが地獄が待っている。
どう過ごそうか・・・・そんなことばかり考えると気が重くなる。


せっかくショートなのに、結局、帰ってきたときの未来のことに支配され、
休んでいるようで休んでいない。
だから、疲れちゃうんだろうな~、ショート行っても・・・。



ーーーーーー


今日は今年最後のお墓参りへ。
今年一年の報告含め、息子と2人で行ってきた。


静まり返る墓地。
でも嫌いじゃない、この空気感。


今年の報告はいろいろ話したいことは山のようにある。
全部の経験が、私だからこそ経験したこと。
きっと、私以外の人が歩んだら、ちがう経験になったことでしょう。


そう思うと、自分自身の学びと成長とも考えられるけど、
そんなきれいごとじゃない^^;


つらかった、ほんと、つらかった、ことし。


そんなことを実父に報告しながら、
息子が今年最後に行きたかった場所へ。
息子が大好きな場所。


何度となく来ているけど、冬に来たのは初めて↓





山間なので、空気が澄んで、鼻の奥がキューンとする。
そして人もまばらなのがちょうどいい。
とても静かで、いつまでも空を眺めていられる。
が、あいにく、寒い(笑)
風邪引かないうちに売店がある場所に入る。


すると、あるものが目に付いた。
『手作りの干し芋』。






ああ、お父さん・・・。
そばに・・・・いるね。



亡くなった実父が大好きだった『干し芋』。
なんだか、実父からのメッセージかと勝手に思う。
思わず1つ購入。
いま、仏壇にお供えしている。


きっとたべたかったんだよね




帰り道、ケアマネから電話。運転中だったため出れず。
入っていた留守電聞き、かけ直す。


「ゆっくり過ごしているときにごめんね。
明日の担当者会議お願いします。
関係者、みんなさんお集まりなの。
で、今、バタバタと書類作っているとこなの~。」



相変わらずのケアマネさんの声。
きっとね、わたしが悩んでいることなんか、知らないんだよな~。
そう思うと、スケジュール管理するだけがケアマネの仕事じゃないじゃんね。


平気ぶって、何事も問題ないようにしているけど、
ほんとは、闇のあるゲスいわたしを全部みんなに知ってほしい。


食べれないほど、げっそり痩せてないけど(笑)、
生きにくい今の状態を知っててほしい。


決戦の日。
明日、どれだけ伝えられるかな。










スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 小春日和~両親の介護日記~ All Rights Reserved.