FC2ブログ

朝っぱらからっ!!

朝から一仕事でした。

自分の家庭内のことならともかく、
お隣りさんです。


今日朝イチから別件があるということで、
いつもより早く出勤した旦那。


旦那が出て30分ぐらい過ぎた辺りで、
母のおむつを捨てようと外に出たところ、
どこからともなく、尋常じゃない声が聞こえてきた。


よく聞くとお隣りから、
「○○さーーーん!!」
と我が家の名前を連呼する声。


驚いて隣りに行くと、
勝手口ギリギリのところでドアを開け、
車椅子から身を乗り出している姿が見えた。


驚いて行くと、
いきなり、

「ご主人はいらっしゃる?」

は??
「出勤していませんけど・・・なにか?」


「えっ?!いないの?出勤?
もう帰ってこないわよね?」



はあ??
「夜には戻りますけど・・・」


「てっきり、お子さんを送りに行ったのかと思ったから・・・ね。
すぐに戻ってくると思ったのよ~。
だからね、寒いけどこうやって勝手口開けて、帰ってくるのを待ってたのよ。
でも全然帰ってこないから、おかしいと思ったのよね~。
あらま、どうしようかしら・・・」



こわっ!!
我が家の動きを把握してる!!



そう、今日の旦那、
たまたま、いつも息子が登校する時間ぐらいに出かけて行ったのだ。
平日学校がある日は、旦那が居れば息子を駅まで送っている。
そんな我が家の日常を、隣のバーさんは把握しているのです。


「今日は日曜日ですよ。
学校休みです」



日曜日、学校は休みでしょ、普通。
でも隣りのバーさん、自分都合よく変換し、


「日曜日だけど、いつも送っていく時間だったから、
てっきり部活とか、学校の行事で登校したのかと思ったのよ~」



で、旦那が居ないと分かると、今度は、
「困ったわ~」を連呼。


あ~あ、義母とおんなじだ!!
無視して自宅に入ろうとしたら「待った!!」が入る。


ああ・・・めんどくせー(-_-;)


こっちの都合考えず一気に叫び始めた。


「元気ならね、やるのよね。
でもね、こんな、『障がい者』になっちゃったもんでね、
出来ないのよね~。

こんな『障がい者』だからね、駄目だわね~」




ブッチコーン!!

まじ、大ギレです!!



私個人的ですが、
いっちばん嫌いなワード。
『障がい者』=『駄目な人間』ではないはずです。


こっちが怒り沸騰状態だとは知らずに、まだまだ話し出すお隣のバーさん。
聞いていくと、


『夜中の3時におトイレに行ったとき、
部屋が寒かったからリビングのエアコンを入れ、
床暖を入れたらしい。
そしたらトイレの電気をつけた途端ブレーカーが落ち、
電気が消えたそうだ。


そこから手探りで服を探し着替え、コート、手袋、毛糸の帽子をかぶり、
ブレーカー前まで来たけど何も出来ず。


で、朝まで待って、新聞配達の人に声をかけようとしたけど、
さっさと行っちゃうし、斜めむjかえのご近所さんの雨戸が開いたから、
玄関のドアを開け、叫んだけど反応なし。


我が家も、ガスの音が聞こえたから、洗面所辺りのところで叫んだけど、
気が付かなかったと。


しるかっ!!


で、裏の方にも声をかけようとしたけど、
電動の雨戸だったので、雨戸自体が開かず出来なかったと。


電話をしようにも、これも電気だから使えなかった。
誰にも助けが呼べず、ずっと、このままどうしようかと考えていたと。
電気が使えないということがどういうことなのかと思い知ったと。


ね、
わかったでしょ。



義母もそうでした。
あの人も困ったとき、電話一本で誰かが駆けつけてくれるものだと思っていた。
けど、タイミングが悪く、長男は電話に出れないタイミング。
次男は出れたけど実家には行けない状態、
次男が嫁に託したけど、子どもがインフルエンザで自宅を離れられない状態。
で、私には連絡つかないでしょ、次男は私の携帯番号は知らないし。


結局お隣の方に自ら助けを求めないといけなくなった。
全盲の義母。壁つたいで、お隣のインターフォン手探りで探し、
運良くお隣の方が在宅中だったので難を逃れることができた。


その辺りからかな・・・・ご近所からクレームが来たの。



で、結局ね、この隣のバーさん、
「誰も気がついてくれないの。
私が困ってて、
大声叫んでも、
誰も気が付かない。

誰一人、
私が困ってるってことに、
誰も気が付かない。

ほんと、どうすればいいの?
私どうなっちゃうの??
って思っちゃったわよ」




はあああ???

とっとと、

施設に入れやがれ!!



被害者意識全開!!!


気が付かない近所が悪い、
自分は障がい者になったんだから、助けてくれるのは当たり前。
自分は障がい者になったんだから、周りが気にかけてくれるのは当たり前。



は?

こっちが悪いわけ?



思わずブチ切れて言っちゃったよ。

「まずはご自身が危機管理をされた上で、
何かしら対処するしかないんじゃないですか?

お一人で住まわれていますから、
今後、いつ何時、何があるかわかりせんよ。

365日、24時間、必ずどこかにつながる警備会社にでも登録しておくことです。
お金がかかっても、これは保険と思えばしょうがないですからね」



すると、負けてませんよ、バーさん。


「お金もかかるのも困るけど、
あんな警備会社、すぐ来ないじゃないの!!
すぐ来ないと駄目なのよ!!
すぐ来ないと意味ないじゃない!!」



だったら、
24時間、住み込みの家政婦でも雇え!!



「リスクありの一人暮らしですよね。
嫌なら管理されている場所に行かないと駄目じゃないですか?」



「いいわよ!!
朝一番に電気屋に電話して、
ブレーカーのアンペアを上げてもらうから!!

あなたも気をつけたほうがいいわよ、
電気がなくなると困ることばかりだから!!」



はいは~い!!

了解で~すっ!!



で、ちゃんとブレーカー上げて帰ってきましたよ!!
フンっ!!朝からムカつくわ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

♪菜の花♪

Author:♪菜の花♪
主人、息子の3人家族。
平成20年12月、実母が急性心筋梗塞で心肺停止。
後遺症で高次脳機能障害に。
平成21年1月、実家に家族3人で引っ越す。
平成21年春頃、継父の認知症が分かる。
平成21年9月、実母退院し、両親のダブル介護生活スタート。
平成22年10月に継父GHに入所。
ただ今、実母を自宅で介護中。
(現在継父→要介護2、母→要介護3)

平成28年7月、義父が心室細動により意識障害に。
平成28年12月施設入所。(要介護5)
平成30年4月義父他界。

義母(全盲)
平成29年2月施設入所。(要支援1)

現在、実母の在宅介護。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR