FC2ブログ

結局、入院しました

今朝、老健の看護師さんから電話。


「熱は昨日も同様に下がっているのですが、
今日の血液検査の結果、炎症反応が高いため、
施設医師の診断で入院したほうが良いとの判断です。
よろしいでしょうか?」



わたし「はい」



あれだけ悩んだけど、結局、施設医師の判断で、
即入院です。



入院先は1ヶ月前に退院した病院。
前回のデーターもあるので、その方が都合がいい。



ってことで、母をデイサービスに送り出したあと、
即、前回、入院したセットをそのまま出して、
急いで病院に向かった。



今回の主治医は偶然にも母の主治医。
先生も、わたしもコントみたいに驚いた。



慣れている先生だったため、話しやすく、聞きやすい。
先生の性格なのか、かなり細かく説明してもらう。



今回も誤嚥性肺炎。
気になるのはしゃっくり。数日前から続いているとのこと。
老健の看護師さんの話だと、以前も続いたことがあり、
薬が処方されたが、今回も同様に使ったけど止まらず。
気になる。



とりあえず、肺炎の方は、
今日から抗生剤を24時間使いながら様子見。
食事は取れるかどうかは、STの先生の判断で。




病棟の看護師さんも1ヶ月前にお世話になった看護師さん。
話も早い。



面会は原則禁止。
それでも、施設にいるよりは家族としては安心。
なにより、施設から「どうされますか?」対応の電話が
ないのがいい。



医療素人に、「どうされますか?」って、
全フリされてもさ、わかんないよ~~~!!!
退院すれば、また繰り返されるだろうけど、
その都度、家族がジャッジしなきゃいけないんだろうな。



さて、継父当人、
ボーっとしているが、意識はあり、反応もある。
入院することを話すと、まばたきをし、アイコンタクト。
食べてないので、体力もないし、辛いだろうけど、
老健に居たとしても、苦しいまんまだもん。



今回の入院が正しいのか、正しくないのか、
もうジャッジはしない。
入院の駒を進めたことで、今後どう進むのか。
ただ、後々、後悔だけはしたくないだけ。



そろそろ、母がデイサービスから帰宅します。
こっちは、こっちで、また大変です。
頭リセットさせて、母を出迎えましょ!!
スポンサーサイト



プロフィール

♪菜の花♪

Author:♪菜の花♪
主人、息子の3人家族。
平成20年12月、実母が急性心筋梗塞で心肺停止。
後遺症で高次脳機能障害に。
平成21年1月、実家に家族3人で引っ越す。
平成21年春頃、継父の認知症が分かる。
平成21年9月、実母退院し、両親のダブル介護生活スタート。
平成22年10月、継父GHに入所。
令和元年12月、大腿骨骨折。GH退所。
令和2年1月、老健入所。
ただ今、実母を自宅で介護中。
(現在継父→要介護3、母→要介護3)

平成28年7月、義父が心室細動により意識障害に。
平成28年12月施設入所。(要介護5)
平成30年4月義父他界。

義母(全盲)
平成29年2月施設入所。(要支援1)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR