FC2ブログ

あ゛~~!!!٩(๑`^´๑)۶

ただいまリハビリが終わりました。


母は右足の重心が内側にあるのでバランスが悪い。
その部分を修正するために あらゆる事を試しています。


今回も、その一つ。
「中敷き作戦!!」


百均の「かかと」の中敷き。






室内履きと、






外履きの靴にそれぞれかかとに入れる。






で、歩いてもらった。


「こっちのほうがいい」


と母が言うぐらい、ほんとに歩きのバランスはよい。
しかし難点が。


つま先に重心がかかるため、階段でデメリットが。
まず、下りの階段。
ドーン、ドーンと下りるため、膝に負担が掛かりそう。


その他には、これも階段で、階段を上がる時、
数ミリの厚みの中敷きなのですが、ますます、つま先が上がらなくなる、
という難点。


足が上がらないということは、つまずリスクがあるということ。
出来たら転倒は避けたい。
が、歩きがが安定してほしい。


なかなか・・・一長一短といったところ。
とりあえず、デイのスタッフの方々の協力もお願いして、
一週間、様子を見てみようと思う。



ーーーーーー


そんな母ですが、
朝から熱々のお茶が入った湯呑を持った瞬間、
スルリと滑り、


バシャーーーーー!!


とこぼしてくれた。


運良く、母にかからなくてよかったのですが、
床はビタビタ。


せっせと床を拭く娘。
そのそばで、黙々と何事もないように朝ごはんを食べる母。


ブッチコーン!!


自分でこぼしておいて、
何食わぬ顔でよくご飯食べれるね!!٩(๑`^´๑)۶



そんな事を言っても、シラッとした顔でご飯食べてた٩(๑`^´๑)۶
すげー根性!!٩(๑`^´๑)۶


足同様に、母は右手の小指が第2関節から曲がったまま。
このせいもあり、力が入らないのかもと思うところもある。


今回は火傷は免れたけど、そろそろ、湯呑は危険かな・・・。



ーーーーーーーーー


昨日の朝8時。
何やら、我が家の玄関前あたりから数人のおばちゃんの大声で話す声。


最初は立ち話かと思ったのだが、なにやら、緊迫したような声の感じ。
驚いて外へ出ると、まず目に入った人が、地区の民生員さん。


なぜ、ここに??


と目が点になっている私の姿を見た数軒行った近所のお方。
少々興奮気味に、


「お宅のね、隣のおばあちゃんだけど、
ここ最近、インターフォン押すけど出ないのよ。
倒れてるんじゃないかって思ってね。

で、民生さんにも立ち会ってもらって、
あと不安だから、他人も声をかけたのよ。
で、○○さんにもね、朝早いけど、来てもらったの」



いや・・・、
元気だと思うけど??

たまたまでしょ、出なかったのも。
そもそも、あんたがうるさくし過ぎなのよ!!



なんて思ったけど、余計な言葉は飲み込む。


っで、この面倒くさい?!ことで呼び出された民生さんと、
地区内ですが、ちょいと距離がある近所のおばさんがペコリと挨拶された。
断れなかったのか、興味本位か???


結論から言えば、
別に元気です、お隣さん。
たまたま、インターフォンがあっても出れなかったのか、
病院に行っていたのか?だと思うのです。


まあ、ここでバツが悪い一番最初に声をかけた数軒行ったご近所さん。


「だってね、心配じゃない。
お一人だし、車椅子で動けないし、デイサービスにも行かないで、
声をかけても外には出ないし。
何かあったと思うじゃない!!」



人騒がせだ・・・、
それも朝から・・・。



心配したご近所の方の気持ちも分かるけどさ、
当の本人のお隣のおばあちゃんもさ、自覚してほしいわ、ほんと。


歩きもしない外の手すりをつけたり、
自分の都合だけで人を動かそうとするからこうなる。


もーーー!!
ここのケアマネはどうなってんだ!!
スポンサーサイト



プロフィール

♪菜の花♪

Author:♪菜の花♪
主人、息子の3人家族。
平成20年12月、実母が急性心筋梗塞で心肺停止。
後遺症で高次脳機能障害に。
平成21年1月、実家に家族3人で引っ越す。
平成21年春頃、継父の認知症が分かる。
平成21年9月、実母退院し、両親のダブル介護生活スタート。
平成22年10月に継父GHに入所。
ただ今、実母を自宅で介護中。
(現在継父→要介護2、母→要介護3)

平成28年7月、義父が心室細動により意識障害に。
平成28年12月施設入所。(要介護5)
平成30年4月義父他界。

義母(全盲)
平成29年2月施設入所。(要支援1)

現在、実母の在宅介護。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR