FC2ブログ

やっぱり受け入れないと前には進まないよねえ~

今日母はデイ。朝、自宅前に車が止まった気配はしたのに、インターフォンが鳴らない。



何やら話し声もする・・・どうした??




見ると、お迎えのおばちゃんがスタッフさんに話しかけれる。




あのさー、あなたが行っているデイのスタッフじゃ~ないからね!!ヾ(*`Д´*)ノ




何を話していたのかは不明ですが、なんか話していたのでしょうね・・・まっいいけど!!








さて、先ほどケアマネさんが来た。



介護申請の依頼が来たようで、また申請するようです。




あれ??1年前にもやったのに???




聞くとケアマネさんも、「介護4から介護3に変わったからかな??」ってよくわからない様子。




でもまあ、申請しないことには利用できないのでするしかない。




また12月までに申請の手続きが始まります。



ってことは・・・継父はどうなんだろ??まああそこはGHの方が全部やってくれるからね、大丈夫か。







で、この介護申請の話をキッカケで、主人の親の相談をしてみた。



まあ、状況はお話し(姑、全盲。少々、認知ありかも)、どうやって行ったらいいか聞いてみた。




やっぱりね、誰もが思うこと。




介助者の舅が何かあった時、誰が代わりに動くか。



それも姑に付きっきりで、身の回りの支援が必要。



誰がキーパーソンになるのか?






ケアマネさんも、



「キーパーソンはご家族でしょ。お嫁さんではダメ。トラブルになりやすい」




だよねえー。






ちょうどケアマネさんが抱えている利用者さんで全盲の方(男性)がいるらしい。



その方、次男家族と同居。お嫁さんが介助するらしいけど、あまり手出しはしない。



ちなみに介護度2らしい。なので、見えない分、足腰が弱くなりやすいため、デイケアに週4通い、



筋力を付けたりして運動しているとのこと。





自宅は、住宅改修を行い、玄関、お風呂、トイレにはもちろん手すりはつけたらしい。



病院には障害者枠でガイドヘルパーを使い、院内にも同行してもらい病院にも週1回は通っているとのこと。



上手に障害者サービスと、介護保険を使い、上手く自分のサポートをしてもらって生活しているとのこと。





理想じゃないか~~~~!!





って思うのは周りだけ。当の本人たちは他人を入れるなんぞ有り得ない。



それも介護申請なんか、もってのほか!!






だからと言って、介護経験ありの私には看きれないのも事実。




で、ケアマネさん、




「こりゃ~、家族会議じゃなーい?これね、もめるよ。




お子さんであるご主人の兄弟の温度差があるのがね~。




そもそも、あなた(私)にやってもらうつもりでいるでしょ。




ここのね、説明をした方がいいわ。




まあさー、介護しているとね、どうやって動いていくかがわかるんだけどね、



これは残念だけど、経験した事がない人はわからないからね~」







そうなんだよね、我が家がそうだったから。




母が心筋梗塞で心肺停止になった当日から、1ヶ月間はとんでもない日常だったから。



そもそも、継父を1日、1人で自宅に置いておける人ではなかったし。




これは母も元気な頃、心配していた事。何度も継父に言ったけど変わらなかったからね。




それは、『誰かがやってくれるだろう!!』という考え。




確かに、そのときが来た時、動いたのは私を含め妹2人。それを経験しているからこそ、分かること。







今の主人の親もそうかもね、



『自分たちに何かあった時、誰かがやってくれる』



そう思っている可能性大でしょうね。





でもね、甘いよ!!息子たち・・・やるでしょうか?



日中、仕事がありますよ。




お嫁さん、やるでしょうか??



親じゃーないですからね、面倒な事はしないでしょう。





さて、その時、誰が動くでしょうか??怖いですね、誰も動かない可能性大かも知れません。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

Copyright © 小春日和~両親の介護日記~ All Rights Reserved.