FC2ブログ

2012年を振り返って・・・

今年もあと数時間で終わり。今年はあっという間の一年だったように思います。


母の体調は有難いことに変わらぬ一年となりました。


今年の母は特に音楽に触れた一年だったと思います。


デイではピアノの練習をしたり。たまに母の弾くピアノに合わせて他の利用者さんが歌を口ずさむ姿があったとか。


そんなエピソードをスタッフの方から聞くと嬉しくなります。



あとは個人的ですが、月2回程度のレッスンですがヘルマンハープにも出会えることも出来ました。


こちらは両手弾きは難しいと思ったのに、弾く気満々の母。


やはり好きな楽器は違います。来年はどんな効果が出るか楽しみでもあります。



あとは市民会館で開催される催し物にも行きました。


広報でチェックし、母が楽しめるものには積極的に行きました。


来年はどん催し物があるか楽しみです。




音楽に触れることで少しずつですが母自身も話す事も多くなりましたし、


デイの利用時でも、他の利用者さんにも挨拶したり。


来年も楽しみです。





継父の方は、継父自身元々筋肉がないせいか、動作一つずつに対し危険が伴う感じになったきたようです。


歩くにしろ、座る立つ動作も軸がブレたような感じなのでしょう。


バランスをとるのが大変のようです。転倒すればもう寝たきりでしょう。


行きたい所には自分では行けないもどかしさから、イライラが募るでしょうし。


そうなれば一段と手に負えなくなるような気がします。


転倒が免れたとしても、血圧が高のでこちらも要注意(上が180・下が100ぐらいだったかな)。


薬を飲んでいても高いので、飲まなかったらいくつなのか??恐ろしい・・・。


継父は母より怖いですね、徐々に悪くなっている感があるので。


来年はどうなるのか・・・・。






私はというと、今年は8日間の母の自宅待機予定ですが、不思議と身体が軽いんです。


理由はただ一つ。主人の親のことを一切カットしたからでしょう。


毎年正月に時間を作り、疲れた体を引きずり無理無理、主人の実家に正月の挨拶に行っていました。


そこで繰り広げらるのが、主人の両親2人のイヤミのオンパレード。


それも主人が酒を飲んで寝た時を狙ってです。確信犯ですよっ!!


それが行く前から分かっているので気が重い。



しかし、今年は私も意識改革です。



『何も正月早々からイヤミを聞く必要があるのか?』。


『体を壊してまで行かないと行けないところか?』
と。




ならばカットしてしまおうと思い、今年の正月以来主人の実家にも行っていませんし、


電話もしていません。来年の正月も行く予定はありませんし、電話もしない予定です。


かかってきても出ません。っていうか動悸や呼吸が乱れるので『出れない』っていうのが正しいかな。


母の自宅待機は正直大変ですが、それ以上に疲れの原因が主人の両親なのです。


来年早々にバトルが起こるでしょうか???



正月ぐらい、挨拶あって当然じゃないのかしらあああああーーー?!?!?!



ってね。ウザすぎっ!!(激-`ェ´-怒)




母の次回デイ利用日まで、あと4日!!


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

Copyright © 小春日和~両親の介護日記~ All Rights Reserved.