FC2ブログ

許せるのは・・・いつ

今日も陽気なスタッフと共に母はデイに出かけていきました。

母はデイに行く日だと分かると必ず、

母「帰ってくる?4時ぐらいに帰って来れる?」

と確認します。

デイ先でも、

母「帰るよね」

と確認するようです。


『泊まりもヤダ』・『施設なんぞありえない!!』なんです。


まあ母の気持ちは分かります。
が、私はずっと介護なの?私にだって休みが欲しい。


主人の両親にもです。

姑「自分の親を看ているんだから、同じように私達にも・・・」 って。

ありえないでしょっ!!



先日、ケアマネさんが来たときに継父の話をしていきました。

ケアマネさん「この前、GHに用事があって行った時におとうさんに会ったわよ。
       少し太られたかしら?」
 


私、継父がGHに入ってから1度も会ってないんでね、知りません


ケアマネさん「でね、『お元気そうですね。どうですか?』って聞いたら、

        「オレはここに居りゃぁーいいんだろっ!!
     
        ってね少し怒ってた(苦笑) 余計なこと言っちゃったわね」


継父がGHに入って半年が経ちました。
GHに入った直後は、『入れられた感』で私に対する怒りと、
『施設に慣れていかないといけない』という事もあって気持ちに余裕がなかったかもしれません。

が、今、半年経ち、気持ちにも余裕が出て来ている頃でしょう。
毎日やることもない毎日で考えることといえば、

『なんでオレがこんな所に入らないといけなかったのか・・・』

という疑問でしょうね。

そして私に対する怒りは相当なものだと思います。


このことをケアマネさんに話すと、

ケアマネさん「確かに・・・おとうさんからしたらそうでしょうね。
        本人は『なんで?』でしょうけど、所詮一人では暮らせないでしょ。
        同居では娘さんは無理だったじゃない。
        今の場所で、自分の居場所を作ることがおとうさんの課題よね。
        全部聞き入れることは無理な話」


そうなんだよね・・・。

理想は、理想。

今更、継父が帰ってくるなんて考えられない。
だし、正直、今は会いたくない。

この先もずっと・・・。

いろんなことが思い出され、憎しみであふれる気持ちを抑えられないかもしれない。

それぐらい、だめなんです、継父は。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

Copyright © 小春日和~両親の介護日記~ All Rights Reserved.