FC2ブログ

いたったたた・・・・・

おととい、やってしまいました、腰!!
寒かったからなのか、運動不足なのか・・・、
兎にも角にも、久々の激痛に声も出ない(-_-;)


こんな時でも、母のことをやらなければいけないのかと思うと、
自分は何をやっているのかと思う。


昨日は母の整形外科の受診。
正直・・・・、



わたしが、

受診したいです!!



って思っちゃいました(-_-;)



さらに、こんな日に限って、
レントゲンと、血液検査ですわ。


毎度そうですが、レントゲン室のベッドに寝かせることの難しさったら、
もう・・・ね、
激痛走るごとに、身体は硬直し、その姿勢で一時停止。


なんとか本人にも頑張ってもらい乗せたところで、今度は、
降ろさなきゃならん・・・・。
そんな・・・・って感じ。


整形外科行ったのに、ますますひどくなり、
待合室の椅子にも座れやしない!!


立っている私を見て、
親切に席を詰めてくださる方もいらしたり、
声をかけてくださる方もいて、ただただ、申し訳なさだけ・・・。



もう・・・・、

ほっておいて下さい・・・(-_-;)




昨日は混んでいて、結局、2時間ぐらいかかってしまい、
結果としては、骨をつくる数値が、前回の5ヶ月前より、
0・2だけUPしていた。


ほんのちょこっとだけど、骨粗鬆症の薬の効力が出ているのかな~?
それでも、正常数値までには程遠い。


まあ、諦めずに。



そんな母ですが、今日からショートです。
朝、言ったのに、出かけるときには忘れてた。
ブリブリ怒りながら出かけていきましたが、
このショート期間中に、この腰を治さなければ!!
スポンサーサイト

インフルエンザ接種

16時過ぎにショートから帰宅した母。
少々お疲れ気味。


なのにもかかわらず毒娘は、そんな母を連れ、
いざ、病院へ!!


前回受診時にインフルエンザのワクチンがなくて打てれなかったので、
再度入荷したことを確認。
しかし、入荷した本数が少ないことと、
大人分は予約ができないということで、早めの接種を勧められた。


つーことで、無くなっちゃ困るので、
お疲れモードの母でしたが、強行突破!!


病院着く頃、雨が降り出し嫌な予感。
夕診ということもあり、人もまばら。


受付を済まし、問診票を書き提出すると、
しばらくすると呼ばれた。
熱を測り、診察をし、接種するために待つ。


我が家の前に5人ほど接種待ちの人。
手際よく、パキパキと呼ばれ母の番に。


すると、問診票を見ていた看護師。
不備(記入漏れ)があったようで食いついてきた。


「ここ、書いてませんけど!!


カッチーン!!

『けどっ!!』
って何っ!!٩(๑`^´๑)۶


「ああ、すみません」
と一言言って私が書き始めると、


「代筆ですかッッ?」


なにか不都合でも??

書いたじゃんね、

代筆欄に私の名前!!



「代筆です、
署名欄に私の名前は書きました」


ああ・・・・っ顔٩(๑`^´๑)۶


ムカツクーーー!!


接種後、せめてもの抵抗で、
ありがとうございました
は言わず、無言で出てきました。


ちっちぇー、わたし(-_-;)



久々に腹が立ったので、
思わず、愚痴投稿してしまいましたm(_ _)m

今年最後の受診

今日は訪問日。
さきほどリハビリが終わりました。
今日はサクサク進みました。


今、終わり、ホッとしたからか、
「ベッドに横になる」と言うので、
お昼までの30分ぐらいゆっくりしてもらいましょ。


ーーーーー

一昨日、今年最後の受診日。
内分泌と、循環器の2科のはしご。


一緒にインフルエンザを受けようと思ったらまさかの品薄状態とのこと。
来週病院に問い合わせし、接種する予定です。


まさかの事態に焦りましたが、まっ、しょうがないね。
あれこれ不安がってもしょうがないので、
なったらなったとき!!


さて受診。
リハビリ兼ねて車椅子はやめて歩いてもらいました。


まずは血液検査。
タイミングが良かったのかすぐに出来た。
が、そこからが結果が出るまで時間がかかり、
相変わらず長い待ち時間。


受診時間は予約なので、ひとまずはTVモニターがある場所まで移動し、
ベストポジションを確保してからはガン見の母。


私はというと、窓から日差しが優しく入る場所でウトウト。
気がつくと大きく船を漕いでいた^^;


まさかの爆睡^^;
起きた瞬間、ザッと青ざめた(-_-;)


慌てて受診のフロアまで戻る。
と言っても母の歩くスピードは2才児波の速さがMAX^^;
幸い診察が混んでいて、我が家より前の方が受診待ち。


予約30分遅れで診察室に入る。
相変わらずの血液検査の結果。
変わらず?!血液ドロドロ(-_-;)
薬飲んでこれだもんね、これ以上、どうにもならないのかな・・・。


でも、メインの甲状腺の数値は良かったので、
このままの薬の量を継続とのこと。



内分泌終わって、次は循環器へ。
こちらは激混み。
予約時間過ぎてもまだまだという状態。
気長に主治医の受診を待ちます。


母が限界に来た頃、やっと呼ばれ、
いそいそと診察に入るなり主治医から、


「ごめんね~。
待たさちゃったね、
疲れちゃったよね~。
ほんと、ごめ~ん!!」



ほんのちょっとの声かけなんだけど、
この主治医の言葉に、ちょっぴり乙女に、はにかみながら笑顔の母^^;
疲れも吹っ飛ぶってもんじゃ!!(笑)


最後にもちゃんと家族への配慮も欠かさない主治医の言葉。


「今年も無事に迎えそうだね、12月1日。
こうやって、お母さんが元気でいられるのも娘さんのおかげ。
努力あってこそだからね、
ほんと、そうなんだよ~」



私も『えへへへ』と笑顔になる。
12月1日、母が発症した日である。


ほんと、ほんのちょっとの一声。
頑張りを見てくれている人がいると思うだけで、
この言葉があるか、ないかじゃ大きく変わるもんだ。



ーーーーー


おおっと、そろそろお昼だぞ!!
今日は夕方から雨の予報。
だけど晴れている今。
この雨が寒さを運ぶようです。
風引かぬよう、今週末、ショートに行ってもらいましょ。


そして週末は息子の大学受験日。
系列の大学なので、まあ、落ちることはないでしょうが、
今年は問題児が多い年。
大学側も、面接では意地悪を仕掛けてくるとの噂。
筆記も・・・どうかな~。

循環器を受診

今日はいつもの循環器の主治医の受診日。

いつもの、変わらない、穏やかな先生。


「お久しぶりですね。
お変わりないですか?」



こうやって、毎回、
いつもの挨拶で始まることのありがたさ。
元気だからこそ、ある言葉。


今まで、なんにも感じなかった、
何気ない言葉に、感謝の気持ちが溢れた。


こういう気持ちにさせてくれたこと、
素直にここは、亡くなった義父に感謝だと思う。
でも、ちょっと悔しい自分もいたりする^^;




今日の受診、
訪問看護師の方から主治医に確認するように
言われていた話があった。


「ペースメーカーの取り付けに関して」


一通り診察が終わり、聞いてみた。
結論としては、ペースメーカーを埋め込むことの、
ガイドラインがあるらしく、そこに母は該当しないとのこと。


そもそも、体内に機械を埋め込むということ、
そう簡単ではないとの話。


だよね・・・・。


まあ、これに関しては、母も希望していないので、
ペースメーカーという選択肢は我が家には関係ないってことだね。


で、最後に、先生にどうしても言っておきたかった話があった。
それは・・・、


「先生、
あのとき、諦めなかった先生のおかげで、
さらにたくさんの方々のサポートのおかげで、
先日、母は古希を迎えることができました。

正直、こんな日が来るとは、
当時は想像もできなかった。

ありがとうございます」



「おおおお!!
10年じゃん!!

10周年記念じゃん!!


あの日はね、ほんと、ほんと、大変だったよ(笑)
忘れられないんだよね、ぼく、あの日のこと。

ずっと、ずっと、
ご家族の気持ちだね。
お孫さんもね。あの時居たよね、女の子。

気持ちだよね、
そう思うよ、ほんと。」



覚えてたんですよね、ちゃんと。
女の子というのは妹の子供。
出産してまだ間もなかった。


その子も10歳ですからね。


そんな事も覚えていることに、
ほんと、身内のよう(笑)


ありがたい、
こういうつながり、
人と人とのつながり。


こういうことだよね、
そう、こういうことなのよ!!

きっ、きっついわ~(-_-;)

昨日は母の日。

特にこれと言ってやりません(笑)

だって、毎日が母の日ですもん。


いい娘でしょ、いい娘だよね(*^^*)

って恩着せがましい(笑)




ーーーーーーー



さて今日は内分泌の受診日。

4月から、内分泌の担当者が変わると、前任の担当者が言っていた。

少し緊張で診察室へ。

ってその前に血液検査を済ませております。



我が家が呼ばれる ちょこっと前にね、待合室で待っている時、

この受診室から出てきた女性の方。

かなり怒っておられてて。

しばらくしてカルテを渡しに来た看護師さんに愚痴ってたのが聞こえた。


「あんなにね、一方的にね、話されてね。
それも専門用語で。

私、訳わからないですよね。
質問されても、矢継ぎ早にあれこれ言われたら、
聞きたいことも聞けない。

あれでは、不安だけ残っちゃうの。
この不安、先生はわからないでしょうが、
患者側にしたら、不安だけ残されて、
話が終わったから、『はい、おしまい』ではね。

わたしだって・・・・・」




とまあ、止まりません。


なので、少々意気込んで診察室に入りました。

挨拶もそこそこに、話が機関銃のように続きます。


ああ、こういうことね。


息子の関係で、こういうDrは慣れている私でも、

少々早口で、せっかち加減はついていくのが必死。

更に途中途中で質問がバサバサと飛ぶ。

これにも的確に答えないと、理屈で返されてしまう。


なら、聞かないでよ!!

と言いたくなる。



例えば、中性脂肪が今回高めだった。

ちょっと外食が過ぎたかもね^^;

で、この件でDrが、


「ごかぞくとしまして、この数値、どう思われますか?
ありえませんよね、倍ですよ、倍!!
平均値をかなり飛び越えている。

これね、一般的に食事が絡んでいると言われています。
ってことはご家族が食べさせない限り、
またはご本人が食べている限り、減らないわけですよね。
これについて、どう説明されますか?」



どうってね。


「たしかに、数値は高めです。
ですが、とくに食事の量が増えたとか、
間食を人より多めに取らせてるとか、
そういうことはないです。

現に体重も1ヶ月毎に測っていますが、
特に変動もありません。

ただ、2、3日前にいつも口にしないアイスを食べたりしたぐらいで、
それぐらいは、多少、良いのかなって思って食べさせてます。」



「だとすると、
ご家族としては努力されていると、
そういうことですね。

確かに体重が増えていない結果を見ると、
一時的な数値とも言えますし、
ならば、血液検査をする2、3日前は甘いものを控えるとか、
いつもより気を使ってください」




「はあ・・・・、
すみません・・・。」



怖いじゃん、恐ろしいわ・・・(-_-;)


これからこの人に2ヶ月に1回会うと思うと、
恐ろしや~~(-_-;)
プロフィール

♪菜の花♪

Author:♪菜の花♪
主人、息子の3人家族。
平成20年12月、実母が急性心筋梗塞で心肺停止。
後遺症で高次脳機能障害に。
平成21年1月、実家に家族3人で引っ越す。
平成21年春頃、継父の認知症が分かる。
平成21年9月、実母退院し、両親のダブル介護生活スタート。
平成22年10月に継父GHに入所。
ただ今、実母を自宅で介護中。
(現在継父→要介護2、母→要介護3)

平成28年7月、義父が心室細動により意識障害に。
平成28年12月施設入所。(要介護5)
平成30年4月義父他界。

義母(全盲)
平成29年2月施設入所。(要支援1)

現在、実母の在宅介護。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR