FC2ブログ

それぞれの施設から電話

午後3時過ぎ、母が利用しているショート先から電話が入っていた。
留守電が入っていたのですぐに聞く。
特に緊急でもない感じ。
しかし、嫌な予感しかしません。



モヤモヤしながら電話をすると、
タイミングが悪かったのか忙しかったようで、
ショートフロアのスタッフさんの代わりにケアマネさんが出た。



話を聞くと、
ベッドのそばでサイドレールを持った形で転倒していたとのこと。



事情を聞くと、母の口腔ケアが終わり、少しの間、
椅子に座らせて待たせておいたときに、起こったことらしい。



どうやら自力でベッドに移動したようです。
予想ですが、ベッドまでの直線距離は良かったものの、
ベッドのサイドレールを持ち、ベッド脇に腰掛けようと回転した時、
バランスを崩し、崩れ落ちたのではないかと推測。



本人的には、悪いことをしたと思っているので助けを呼ばず、
そのままの姿で自力ではどうすることも出来ず、
発見される数分の間は、そのまんま。



たまたま通りかかったスタッフが発見した、
びっくりして、驚いて、という流れ。



幸い、本人の痛みの訴えもなく、
頭を打った感じもなく、今の所、特に目立った傷、アザもなく、
とりあえず様子見で大丈夫かなっていう報告でした。



スタッフも平謝りで、『あってはならない事故』と言っていましたが、
まあ、そうなんですが、家庭内でもちょこちょこヒヤリとすることは多い。



施設でも十分気をつけている中でも、事故は起こるでしょうし、
他の利用者さんも多く、さらに限られたスタッフ。
後ろに目でも付いてなきゃね、完全に防ぐことは出来ないでしょう。



まあ、様子見です。
しょうがない、転倒はつきものです。
どれだけ気をつけていても、転ぶときは転ぶ。


明日帰宅します。
シレッとした顔で帰ってきますよ、きっと。





で、この電話から1時間後。
今度は継父がいる老健から電話。



今度はこっちかよ・・・(-_-;)



と思いながら、微塵もそんな素振りもない声で出る私^^;
すると、



老健スタッフ「入所されて約1週間詰め所前で様子を見ていましたが、
特に問題行動もなく、昼夜、穏やかに過ごされているので、
今日から元のお部屋に移動しました。」




はあ~( ´Д`)=3、こっちは穏やかで良かったよ(-_-;)



とりあえず、明日、様子を見てこようと思います。
たぶん母は問題はないとは思いますが、『もしも・・・』、
というときのために、動けるうちに動いておこうかと。
タイミングが合えば、リハビリの先生との話ができたらと思う。



しかし・・・・、なにも同時に同じ日、電話が来なくても・・・。
改めて、わたしは両親2人のキーパーなのだと痛感した。
スポンサーサイト



ショック!!

元旦に母の右足甲の部分が腫れましたが、
腫れて今日で3日目。


昨日でたいぶ腫れも引き、今日にはすっかり元通り。
打撲と思われましたが、打撲痕と思われるアザは見られず、
結局、何だったのか??っていう疑問だけ残りました。


とりあえず様子見で。
たぶん大丈夫だと思うけど・・・。



さて、昨日で腫れも引いたのと、痛みもそれほどでもなかったので、
予定通り、母のシャワー浴をしました。



夏と違い、さっと入れるわけもなく・・・(-_-;)



まず入る前にお風呂を『強』で温めつつ、
ついでに脱衣所も一緒に温め、
さらに電気ストーブを持ち込み、脱衣所の温度を上げる。



この温め時間が約20分(-_-;)


で、温まったところで、姫が登場ですわ~(笑)


温かい脱衣所で、風呂場もホッカホカ。


姫を慎重にシャワー椅子に座らせ、一気にシャワーをかけると、


母「あつっ!!!」


寒いだろうと娘は気を利かせ、42度に設定を上げたのが
仇となりました(-_-;)



とりあえず、無事にお風呂を入れることが出来、
更に姫はさっぱりすることが出来、娘は一安心でございます。




ーーーーーーーー



さて継父。
母のことも忙しく、気にはなるものの病院に3日間行けれず。


今日年明け初。継父のところに行ってきました。


ちょうどお昼を食べ終えたところ。
ベッドがジャッキアップされた状態で、
外を見ていた継父。



いつも寝ているのに今日は起きてる!!


と思いながらフッと見ると・・・、


よだれがタラ~~~~~~っ。


さらに、体が斜めに傾いていました。


まじかっ!!!


あわてて態勢をまっすぐにし、倒れないようにクッションをかませ、
よだれを拭く。


「よだれたれてるよ!!」


と言いながら継父の顔を覗くと、
視線が合いません。
いや、視線はあっているのですが、
どこか遠くを見ているかのよう。


「わたし、わかってる?
○○だよ!!」



というと、いつもの攻撃的な目に変わり、
いつもの継父に戻りました。



しばらくすると看護師さんが来て、少し立ち話。
看護師さんの話でも、座位が取れにくく、
クッションをかませる時があると。



座位が取れなきゃ、車椅子に乗れないじゃん!!



でもね・・・、なんかね・・・、
年末から怪しいのです。


急にこんなふうになってしまうなんて・・・・、
ありえるのか??


あんまり考えたくはないけど、
人が居ない年末年始。
もしや・・・、よわ~く、薬を飲ませてるか??


なんか・・・・疑うわ~~。
ってか、そうだったら良いのだけれど・・。
逆に何も入ってなかったら・・・、
今の継父の状態、かなりマズイよ!!

両極端なふたり

今日、母は今年最後のデイサービス。
何度も何度も帰ってくることを確認する母。


ここ最近、テレビでもラジオでも、年末年始の帰省風景を
見聞きしているせいか、不安でしかない母。


出かける寸前でも、何度も何度も確認しながら、
車に乗った顔は不安からか顔がこわばっていた。



行きは雨が降っていたが、
帰りは止み、いつもどおり帰宅。


スタッフの挨拶もそこそこに済ませ、さっさと自宅に入る母。
安心したように自分のベッドに横になった。



ーーーーーー



病院にいる継父は、今日も行くと寝ていた。
ちなみに病院の駐車場でばったり妹一家に遭遇。
ちょうど帰るところだった。


妹も気が付き、声をかけてきた。
妹「LINEで言っていたように、院内は厳戒態勢だね。
今から行くんだよね、なんか、ずっと寝ててさ。
起こすものあれかと思って声かけずに帰ってきた」



そう、ほんと最近良く寝ていることが多い。
昼夜逆転になるのはまずいので、わたしは薄情にも、
寝ているとわざと起こすようにしている。



妹が言うように寝ていた。
が、よく見ると、寝ているように見えるが
目を閉じているだけと判明。



声をかけると反応。



「おお~。」


か細い声で一言。



わたし「お湯持ってきたから、蒸しタオルしていい?」


コクリ・・・。


小さくうなずく。


前まではなにかしら言葉が出ていたが、
最近は何も言わない。


心配になりベッドの足元にあるチェックカードを見ると、
3食の食事はムラはあるものの、ほぼ8割ほど取れている。


そう、最近管理栄養士の栄養指導が入った。
158センチの身長で体重が39キロしかない継父。
昔からヤセ体質ではあったが、もう10キロは太っていただろう。



管理栄養士の報告書を見る限り、
継父の食事内容は通常のカロリーより
少し高カロリーの食事内容になっているようだか、
今は40キロ切ってしまっている。



(ちなみに母、食べたら食べただけ太るタイプ^^;
こちらはカロリー制限ありで食べすぎ厳禁!!)



早くここを出なければ・・・。
この年末年始の時間が無駄だ・・・。
ほんと、無駄でしかない。

早めに必要な書類を揃える

今日、母は自宅待機。

一日、ぽっかぽかの室内でのんびり、ゆったり過ごしました。

そんな母を自宅に置き去りにし、わたしはせっせと継父の書類を

市役所に取りに行ってきた。


老健利用となると、介護保険利用限度額の申請をすると、

何かと減免が利くので、わが家にとっては大事な書類。


きっと、年明けはバタバタしそうな予感がするので、

年内に動けるところは動いておこうと思い取りに行った。



この書類、母で経験済み。

添付するものは母が出したものと同じ。

なのに、申請者が違うというだけで、1から書類を書き、

また母と同じものを添付する必要がある。


なんて・・・融通がきかないのかしら。


どこもペーパーレスと言われている今。

市役所はペーパーだらけ。

何なら、『どんだけあるんだい?』っていうぐらいの書面の量。



なんとな~く、納得ができなくて、

おバカな私は、ショートカットが出来ないものかと思い、

市役所の担当者にちょろっと聞いてみた。

そしたら・・・、


市役所担当者「申請者が違いますよね」


と、バッサリでした。


わたし「ですよね~~。

アホで、すみません・・・(-_-;)」




ーーーーーーー



明日は勧められた3軒ある老健の中の1つに行ってくる。

ちなみに夕方、母のケアマネさんから電話があった。

来年1月の利用表を持ってくる日の連絡。

そのほかに、継父のその後のことも心配されていて聞いてきた。

一応、今の現状を話し、勧められた老健の情報も聞いた。

かなり有力情報をもらったので、その情報も頭に入れながら、

明日の見学をしっかり、自分が納得がいくまで聞いてこようと思う。



色々あった継父です。

が、やはり、家族です。

見捨てるわけには行きません。

継父本人が穏やかに、安全に、安心に暮らせる空間を

探したいと思います。

ケースワーカーさんと面談

今日は朝から母のう○ち祭りからスタート。

でもでも、優秀なおむつのおかげで被害拡大はせず、

最小限に抑えること出来、更に手際よく出来たことで、

母にもストレスを与えることなく片付けが終了。

更に今日はゴミの日。超ラッキー♪



ーーーーーー


さて、継父のこと。

約束の時間30分前に病棟に入る。

継父はお昼ごはんを食べお腹がいっぱいになったからか、

爆睡中(-_-;)


おめえ~ヽ(`Д´#)ノ


怒りに満ちた拳をそっとおろす。




なかなか起きない継父。

昼間に寝てしまうと夜が寝れないので叩き起こす。

で、ついでにひげ剃りと鼻毛カット。(今日は蒸しタオルは中止)


そんなことが流れるように終わる段階で、

ケースワーカーさんが来る。


しかし、違う方。

「ん??」と思っていると、前回までの方は忙しいので、

担当が変わったとのこと。


まあ、いいわい!!


と思いながら、本題へ。

結論から言うと、有料ホームは止めて、老健に絞ろうという提案。

6軒ほど希望地域で、さらに長期で入所できるところがあり、

とりあえず空きがありそうな3軒に絞り今週土曜日1軒と、

来週2軒見学に行くアポを取った。


一応、妹が土曜日の見学する施設には同席する予定。

月曜に行く2軒の施設は私一人で。


さ~て、どうなることでしょうか。

まずは、見て、聞いて、嗅いで(笑)、色々チェックしながら、

説明を聞こうと思います。

プロフィール

♪菜の花♪

Author:♪菜の花♪
主人、息子の3人家族。
平成20年12月、実母が急性心筋梗塞で心肺停止。
後遺症で高次脳機能障害に。
平成21年1月、実家に家族3人で引っ越す。
平成21年春頃、継父の認知症が分かる。
平成21年9月、実母退院し、両親のダブル介護生活スタート。
平成22年10月に継父GHに入所。
ただ今、実母を自宅で介護中。
(現在継父→要介護2、母→要介護3)

平成28年7月、義父が心室細動により意識障害に。
平成28年12月施設入所。(要介護5)
平成30年4月義父他界。

義母(全盲)
平成29年2月施設入所。(要支援1)

現在、実母の在宅介護。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR