FC2ブログ

食物アレルギー、疑陽性だって

去年からずっと身体と頭皮のかゆみに悩まされていた。
皮膚科に行き、薬をもらうが改善されず。
もしや・・・、
と思い、アレルギー検査をしてもらう。
思い当たるのが、「小麦粉」。
先日結果を聞きに行ってきた。
「疑陽性」だって。
・大麦 0.64
・小麦 0.53
・ライ麦 0.49
ちなみに、
・グルテン、グリアジン 0.10未満
医師いわく、
「陽性レベルではないけど、ゼロではない。
体調によっては出るとき、出ない時があるかも。
気になるようであれば、排除した生活になるが、
小麦はかなりの食べ物に入っているので、
もっと詳しい検査をしたいようなら大学病院への
紹介状書きますよ」と。
あ~あ、こんなの作ってる場合じゃなかったよ(-_-;)

ストレス発散で、昔よく作っていたホームベーカリを出してきて、
今年に入って急に作り出した。

あと身体に良いと思い、白米に「もち麦」を混ぜて炊いていた。
市販のパンもライ麦とか、全粒粉とか好きだからよく買ってたし(-_-;)
知らないって、怖いことだ・・・(-_-;)
ーーーーーーーーーー
(ここからは記録用で書いています)
去年の11月頃から身体にちょこちょこと湿疹ができ始め、
年末ごろには頭皮もかゆくなった。
最初は身体は乾燥からか?とか、
ヒートテックがだめなのか?とか、
シャンプーがだめなのか?とか、
思いつく怪しいものは排除したのですが改善されず。
11月末に初めて皮膚科に行き薬をもらう。
しかし、一向に改善されない。どうしたものかと思っていたとき、
そう、12/1に継父が大腿骨骨折した。
ただでさえ12月という季節、バタバタ時期でもあり、
ストレス増産状態で、かゆみも一気にひどくなった。
けど、継父のことで手一杯で病院に行けず。
やっと行けたのが継父が老健に入所した1月中旬。
もう、さすがに我慢ができなくなり皮膚科に駆け込み、
かなり強い薬を処方され2週間使用。
噓みたいに一気にかゆみが消え、薬が切れる頃、皮膚科に行く。
「薬くれ、くれ」と喜んで皮膚科に行くと、
女医さんに、「強い薬はだめ!!」と一喝され、
仕方がなく中くらいの薬を処方される。
その薬はあまり効かず、治ってはでき、治ってはでき、
この繰り返し。
さすがにこの時期になると体内のアレルギーを疑い始める。
そう、5年前、突然、呼吸困難と血圧低下がおこり、
今まで感じたことがない寒気に襲われ、初めて『死』を意識した。
こんなときも、介護中の母のことを考え、
救急車を呼ぶ前に「母を頼む」と妹に連絡し、
仕事中の旦那にも電話し、2階に居た息子にも伝言を残し、
やっと救急車を呼ぶ、
救急車の中でバイタルを測ってもらったら、
血圧の上が100を切っており、血中酸素も89~90と言うのが聞こえた。
この時、検査をしたけど、どこも問題がなく、医師から、
「症状から見るとアナフィラキシーショックっぽいけど。

アレルギーとかない?こういう状態になる前になにか食べてた?」
そう、食べてました。
レーズンロールパン1個
この時期、地区の役員と中学校のPTA役員もやっていて、
さらに時期的に一番超ハードな時期で疲れもピークでした。
私が忙しいので、母もショートに預ける事が多く、
よく体調を崩していた時期でもあった。
もしかして・・・、この時期からだったのかも。
このとき、調べていたら・・・、と思うけど。
小麦がNGと分かってから、なるべくは排除した生活をしています。
おかげでかゆみは少しずつ和らいでいます。
小麦排除が慣れるまで時間がかかりそうですが、
ぼちぼち、楽しく、美味しく(笑)、食べれるように。
前向きに、新しい発見を楽しみながら。
そして自分自身を見つめ直す時間を改めて作れたことに、
ちょっと感謝かなって想う。
少しずつ人体実験しながら、
美味しくいただきましょう\(^o^)/
スポンサーサイト



健康診断の結果

気がつけばもう7月。

もう今年の半分が過ぎちゃいました。

今年は時間の流れが早い気がします。


ーーーーーー


さてさて、2週間前に受けた健康診断の結果を聞きに行ってきました。

健康診断と言っても、旦那の会社から毎年来る無料の検診。

なので、血液検査で調べる項目も最低限。

それでも、受けないよりは良いかなって思いつつ、

毎年受けています。



で、結果ですが、今年もというか、毎年引っかかる、

「血糖値」。

めちゃくちゃ高いわけでもないのですが、

年々、すこ~~~~~しずつ、

じわじわ~~~~って上がっています。


3年前に、糖の上がりかたの検査をしましたが、

それほど大きな動きがなく、検査のオーダーを出した先生も、

思った結果?!が出なかったので、拍子抜けする結果に驚いたほど。


今回も、あれこれ原因を探りましたが、

「う~~~~ん」と、うなるばかり。


でまあ、結局の所、糖の分解が弱い体質であるということ、

ということは、


1、1度に大量の食べ物を食べないこと!!

2、バイキングなど、もっての外!!

3、1度の食事の量を少なくし、ちょこちょこ食べを推奨。

4、飲み物や間食などで、甘いものは取りすぎない。

5、バランスの良い食事。



だそうです。


あと気になったのが、LDLコレステロール(悪玉)が高かったこと。

高いと言っても、基準値ギリギリだったけど、

実母なんぞ、下げる薬を2種類飲んで、200台後半!!

動脈硬化も怖いし、閉経すると更に上る可能性があるので、

やっぱり、当たり前ですが、


ストレス爆食い!!


は止めようと誓いました(-_-;)



ダイエットと、筋トレ!!

それと、新たにストレス発散方法を模索します^^;

糖尿検査

検査は私の事(笑)

以前から少々血糖値が高め。というほどでもないのですが、

医師が 「毎年高いのが気になる」

という一言で検査が入りました。

約2時間近く、採血と検尿を繰り返し、体内の変化を数値でチェック。






朝から何も食べず、白湯かお茶のみで来院。

そこですぐに検尿と採血がスタート。

そのあと、甘いジュースを1本一気飲み。150mlぐらいかな。

それがね、炭酸だったのですよ、味としては三ツ矢サイダーを甘くした感じ。

わたしね・・・正直・・・炭酸嫌いなの。ビールは飲めるのにね(笑)

ちなみに実母は三ツ矢サイダーは大好物!!ガブガブ飲むでしょう。

看護師さんが気を利かせ、

「キンキンに冷やしたものと、常温のがあります」

って。

どうしよ・・・究極だ!!

キンキンだと、シュワシュワが相当だぞ~!!(-_-;)

飲めるか?ゲップ出るぞ~!!

どうする、どうする・・・・。



悩んだ末、常温のを選択。


一口・・・・、


「ゔ~~~~~~~ん、もう1杯!!

じゃなくて、もう一口~~!!(-_-;)

うげえ~~~~!!!まさかの炭酸なんて・・・。」



さすがに厳しい顔つきで飲む私に看護師さんが、

「かなり甘いですか??」

「飲む?」

思わず言っちゃった(笑)



そこから2時間、採血と検尿。

それ以外は何もないので暇も暇!!

時間つぶしも持っていったけど、1時間で片付いてしまい、

あとは人間ウォッチング。


すると私の目の前に1人のおばあちゃん。

歳は義母と同じぐらい、70代後半ってとこ。

しばらくするとこのおばあちゃんに看護師さんが来ました。



「○○さん、今日はどうした?

「薬貰いに来た。無くなったから」



するとカルテを見始める看護師。

あれこれと聞き始めました。


「お一人暮らし?お子さんは?
うん、敷地内でお子さん世帯はいるのね。
でも、○○さんはお一人で暮らしてる。

ここまでどうやって来たの?
ああ、バスね、そっか。
買い物は?どうしてる?
歩いてね、そうなんだね~。

あのね、ごめんね。
○○さんね、先週木曜日も来たのよ。
でね、お薬も40日分出てて、もらってるのよね。
飲み忘れってあるかしら?

ん??勘違いしてた?
木曜日来たこと思い出した?そう?!
うん、今日は暑くなりそうね。
うん、梅雨ね、そうだけど・・・。

で、何の薬もらってるか覚えてる?
そう、血圧の薬、あと骨粗鬆症の薬、あとは・・。
えっ?!帰る??自宅に薬があったのを思い出したから帰る?
あのさ、○○さん、
とりあえず、せっかく来たから、先生に診てもらって、
話聞いたらどうかな??」




思わず義母を思い出してしまった。

そうなんです、同じです。

その場を取り繕ってるだけ。完全に認知症ですよ。

敷地内にいる息子さんご家族は薬の管理などしていないでしょう。

こうやって、突然介護が始まるんです。



かと思えば、片足を骨折した母親を連れてきた娘さんとお父様。

娘さん、看護師さんに相談してました。


「トイレも1人じゃいけません。
父だけでは無理です。
そうなると、自分は仕事をやめなければいけません。
私自身、施設に入れるのは抵抗があります。
母本人もそうですが。
どうしたらいいか・・・・」



こちらも切実。


2時間で色んな人間模様が見れました。

そして、私の腕にも模様が・・・。





今でもちょこっと痛いです。

結果は一週間後。ちょっと心配です。

市の検診で分かる

今日は自宅待機の実母。
そんな実母を置き去りにして、自分の事で動く。


2月に市の子宮がん検診を受けた。
実は去年の7月に予約を入れていた。
が、あの騒ぎ。
そう、義父が倒れた数日後に予約していたのです。


こんな状態では受けられないと思いキャンセルしたの。
で、この時、次回の予約を10月に入れた。
が、またしても義父のことでキャンセルすることに。


くっそ~~!!
なんでこんな奴のために・・・(ーー゛)
これで何かあったら恨んでやるからなっ!!(ーー゛)



その後なかなか予約が取れず、結局今年度ギリギリの2月に予約。
で、先月行ってきたのです。


前回受けたのが2年前。
去年も受ける予定だったのですが、
実母の転倒事件があったおかげで、
正直、それどころではなく、
息子も高校に入ったばかりでバタバタしていた。


なので、次の年は必ず・・・との思いが強かったのです。
だし・・・ちょっと気になることもあったので。


で、まあ、予感は当たりましてね。
先日結果が来ました。


『頸部にポリープあり。
婦人科を受診することをお勧めします』



つ~ことで行ってきたわけです、今日。




何年ぶりにか行く婦人科。
さすがに産婦人科には入る勇気はなく、
友人に教えてもらった病院に初めて行ってみた。
その友人の話だと、


「おじいちゃん先生だけど、
優しいし、ちゃんと説明してくれるし、
わからないことも聞いてくれるし、
もし大きな手術となれば直ぐに紹介状書いてくれるよ。」



ほんとにそうだった。
優しいし、ちゃんと説明してくれた。


ポリープは切除して検査に回す。
結果は一週間後。
あと子宮内に筋腫があるらしい。
それも経過観察かなって。
後は問題なしってことでした。


結果が出るまでドキドキだけど、
息子を妊娠した時もポリープはあり、
その時も切除し、検査に回したことがある。
その時は良性。
出来やすい体質なのかもしれないな。


まっ、次回一週間後。
また実母が居ますが、この日は妹が継父を連れて来る予定。
なので、落ち着いて結果を聞くことが出来る。




で、この診察中に着信が1件、留守電が入っていた。
障がい者支援センターの担当者の方。
義母の同行サービスの件で。


なんかね、留守電の内容を聞いてもいまいち理解できない。
水面下で何やら動いていた様子。


なになに??どゆこと???
こういうのって、家族抜きで進めちゃう話じゃないでしょ!!
つーか、これさ、包括の新人担当者が絡んでるよね。
はああああ~~???
あの女めえ~~!!!(ーー゛)



ブリブリ怒っていてもしょうがないので、
とりあえず障がい者センターの担当者に電話。
すると、担当者は今日は半日勤務だったらしく、
もうすでに帰宅していた。


がーーーーーん!!
なんで帰っちゃうのよ~~ん(T_T)



なので、月曜日に改めて電話しようと思う。



しかし、どうなってるんだ~??

安堵です

暑いです~。
今この時間、雷がゴロゴロしておりますが、雨が降らない。

これで一気に地面が濡れるぐらいの雨が降ったら、
夕方の水やりはやらなくて済むし、
気温も下がるかな・・・と思っています(笑)



さて今日は車納入の際の関係で市役所に住民票をとりに。
あまり自分個人の名で住民票を取りに行かないので、ちょっとドキドキ(笑)

その後、先日受けた健康診断で引っかかった尿蛋白の再検査に行ってきた。
今回も尿検査をしましたが、やっぱり出てる。

で、今回はじめてやった、超音波エコー。
母は何度かやっていますが、私は初めて!!

モニターに映されるのをチラチラ見ながら、ドキドキです。
結果は異常なし!!安堵しました~。

結局のところ、どこかが悪くて蛋白が出ているのではなく、
体質もあるのでしょうが、疲れや急にキツイ運動したりすると出やすいのだという。

で、今回、引っ掛かりはしなかったですが、
母同様に悪玉コレステロールが高くなってきている。


自分も気をつけなければ!!


年に1回のことですが、大事なこと。
また来年も何事もないように・・・・。
プロフィール

♪菜の花♪

Author:♪菜の花♪
主人、息子の3人家族。
平成20年12月、実母が急性心筋梗塞で心肺停止。
後遺症で高次脳機能障害に。
平成21年1月、実家に家族3人で引っ越す。
平成21年春頃、継父の認知症が分かる。
平成21年9月、実母退院し、両親のダブル介護生活スタート。
平成22年10月、継父GHに入所。
令和元年12月、大腿骨骨折。GH退所。
令和2年1月、老健入所。
ただ今、実母を自宅で介護中。
(現在継父→要介護3、母→要介護3)

平成28年7月、義父が心室細動により意識障害に。
平成28年12月施設入所。(要介護5)
平成30年4月義父他界。

義母(全盲)
平成29年2月施設入所。(要支援1)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR