FC2ブログ

配慮がありがたい

着々と息子の車校生活が進んでいる。
午前中に車校へ行き、午後は夜まで大学の研究室へ。


今の時期、激混みの車校。
2月中旬に入校したが、思うように予約が入らず、
キャンセル待ちを地道にしている。


今日、やっと第一段階の半分が終わった。
来週から後半がスタートする。


ここで1つ問題が。
無線教習である。



息子は耳に障がいがある。
左耳は難聴、右耳は聞こえない。(一側聾)
補聴器は左耳のみにつけ、
右耳には送信器をつけ、入った音を聞こえる左耳に届ける。



今までの技能教習は助手席に指導員の先生が同乗したが、
無線教習は、助手席には誰も乗らず、無線で教習を受ける。



正直、私の時代には無線教習はあったかどうか??
なので、息子本人も詳しい話を聞こうと思っていたら、
今日キャンセル待ちに乗った指導員の先生が親切だったらしく、



「聞こえるかもしれないけど、
念の為、無線教習は止めにしましょう。
次回からの無線教習は中止し、
通常の指導員同乗でいきましょう。
その旨を、私の方から配車手配に言っておきますね」




と言っていただいたようで、
息子も安心。



ほんのちょっとの配慮で生きやすくなる息子。
ほんと、ありがたかった。



来週からも頑張ってキャンセル待ちをし、
出来たら春休み中に卒業出来たらいいな。
スポンサーサイト



車校

今日は晴れるという天気予報ですが、全然晴れてこない。
でも予報通り、とっても暖かい。
ゴミ出しの今日、挨拶の次に出るのが、
「今日は暖かいね~」
の言葉。


そして睡眠不足が続いているからか、異常に
眠い、眠い・・・(-_-;)
更に過食も絶好調、食べちゃう、食べちゃう、
やばいなあ(-_-;)



ーーーーーーーーー


今週から自動車学校に通い始めた息子。
やっと、やっと、行き始めた。



要領が悪いからか、なんだかんだ言いながら、忙しい息子。
基本、小さい頃から、複数のことを同時に作業することは苦手。
自分もよくわかっているせいか、無茶はしない。
だからってこともあり、ズルズルここまできてしまった。



後期のテストも終わり、一段落ついたので重い腰を上げ、
自動車学校に申し込みをしたら、研究室のほうが忙しくなり真っ青。
キャンセルするわけにもいかないので、じぶじぶ行き始めた。



そういう私も、車校にはいい思い出はない。
当時はミッション車で免許を取るしかなく、
何度もエンストし、何度も実技教習で落とされた。



クランクも溝にバンバン落ち、隣に座る教官もため息ばかり。
車庫入れも苦手だったな~。
でも不思議と縦列駐車は得意だった(笑)1発で入れてたし。
なんでだったんだろ。



今日も午前中は車校に行き、
午後は先輩の卒業論文の発表があるそうで勉強のために、
見学するらしい。
それが終わったら遅くまで研究室にこもる。




本人は、
「せっかくの春休みなのに・・・・(T_T)」
と、ぼやいている。

3年も経てばね

息子の今の補聴器を買ったのが高1のとき。

年々、進化する補聴器。

補聴器の価格が高額になればなるほど、付属する機能もそれなり。

代表的なものが、Appleと連動できる機能。

音域の調整や、ボリュームの調整などがスマホで出来ちゃう。

さらに、自動で雑音を小さくさせ、メインの音のみを大きく拾ってくれるなど。



その他に、アクセサリー関係。

補聴器がイヤホン代わりとなり、ワイヤレスでスマホの音楽も聞けちゃう。

これが特に便利で、これがなかったときは、

いちいち補聴器をとってからイヤホンを付けなければならない。

更に外した補聴器を手に持っているのも怖いので、

いつもケースを持ち歩かなきゃいけない。

このちょっとした、小さい動作も、毎日となればね、

わたしでも面倒なのはわかる。



で、こちらも、そこそこの金額ですが、

日々のストレスを思うとね・・・。

で、3年前に補聴器を新しく新調した時に購入したのですが、

今回、このアクセサリーが経年劣化でしょうね。

首に掛ける部分が劣化しまして。購入しました。





今の補聴器も3年がたち4年目に入りました。

息子いわく、


「来年か、遅くても再来年には変え替えないと」


と言っている。


たしかにね・・・・、5年も使えば、汗などで故障のリスクも高くなる。

なにより、補聴器の音に慣れなければいけない。

これがかなり神経を使うようで、

出来れば、環境の変化と同時に補聴器の購入は避けたいらしい。



年齢が上がるたびに高額になる補聴器。

でも、音がお金で買えるだけいいのかなっとも思う。

現に、息子の右耳は、どんな高額な補聴器をつけたところで、

一切、『聞こえ』を得ることは出来ない。



いつか、息子が生きてるときまでに、

いつか、開発が進み、

いつか、両耳で聞こえを楽しむことが出来たのなら・・・。



なんて、わたしはそんなことを考えている。




そう言えば、むかし、よく、継父が言っていた。

「俺の片耳を移植出来たらな」と。

そんな時もありました。覚えているかな。

成績が郵送されてきた

先週ですが、息子の大学のテスト結果が郵送されてきました。

4月の入学時点で、事前に大学側の説明があったので知ってはいました。

が、

まあ、まあ、すごいですね~、情報量が!!

ダダ漏れですわ!!



これじゃ~ね、



ひょえ~゚(@@)

逃げれんわっ!!







成績表はお見せできないですが^^;、

結構、こまか~~く記載されており、

テストの点数、成績はもちろん、出席日数、欠席、遅刻、早退は当たり前。

さらには前期受けた授業・単位数・資格試験など。



息子の友人なんかは、

「マジやべえーっ!!
バレるやん!!」



と言っていたそうだ^^;




ちなみに我が家、

この郵送された成績表を見る前に、

事前に大学側から息子のPCに成績発表されていたので、

成績は見てはいました。



が、



その他の細かい部分は載せられていなかったので、

郵送された書類をみた息子は、かなり驚いていました。





なんかね、いろいろ知りたい親はいるでしょうが、

これも、良いのか悪いのか・・・(-_-;)

だって、これ、大学卒業まで、前期後期で送られてくるわけでしょ。



この本にも書いてあったけど(2日で読めちゃいました)、






結局の所、困るのは本人であってさ、親じゃないし。

まあ、「授業料は出しているから関係ある」って

言われちゃえばそうだけど。




ちなみに知り合いの息子さん、

ただいま、大学4年生を2回目やっているところ。

どうしても単位数が足らなくて、チューター制度もあったのに活用せず、

3月に大学からお呼びがかかり、親子で大学まで出向き、

退学か留年を選択を迫られたらしい。



結局、親としては、ここで退学したところで何も得るものはなく、

ここまでたっかい授業料を払っていたわけだし、

さらに奨学金も借りて通っていたわけで・・・。



「20歳も過ぎた息子をよ、怒鳴ったところでよ、
虚しいだけよ(T_T)
しょうがないから、1年留年で大学には申し出たわさ。

まあ、プチ情報としてさ、教えておくけど、
留年すると、奨学金も打ち切られるのね、

知らんかったわ(T_T)」





バイト三昧で、朝起きれなかったのが原因らしい。

あるあるネタらしいです。

大学の入学式

母のショート先のアクシデントがありながらも、

妹やケアマネさん、デイサービスのスタッフのおかげで、

息子の入学式に出席することが出来ました。


混むことが予想されたので、朝早くから動き始め、

自分のこと、母のことをやりながら、バッタバッタ!!

大急ぎで行ったわりには大学に通じる道は空き空きで、

駐車場も余裕!!



『入学式』と書かれた看板(笑)でも余裕ですぐ撮れて、

時間が余るぐらい。でも、これぐらいがちょうどいい。


待ち時間とは裏腹に、入学式はあっという間に終了。

これは病院の診察と同じ(笑)



その後に費やされた時間というのが、

学科別の説明会。

まあ、まあ、すごいですね、大学って。

学部長からも厳しいお言葉もずらりと並び、

保護者からは苦笑いとため息、そしてざわつき(-_-;)

まあね、たっかい授業料払ってますからね、

真剣に取り組んでもらわないといけません。

息子がここ数日のオリエンテーションで撃沈してくる様子を見てて、

ある意味納得って思ってしまいました。


とりあえず・・・・4年間、頑張ってもらいましょ。

そして、高校生活同様に、充実した大学生活をEnjoyしてほしいです。


最後に、大学内の桜。

 




今年はまだ7分咲きほど。咲いている桜をパチリ。
プロフィール

♪菜の花♪

Author:♪菜の花♪
主人、息子の3人家族。
平成20年12月、実母が急性心筋梗塞で心肺停止。
後遺症で高次脳機能障害に。
平成21年1月、実家に家族3人で引っ越す。
平成21年春頃、継父の認知症が分かる。
平成21年9月、実母退院し、両親のダブル介護生活スタート。
平成22年10月、継父GHに入所。
令和元年12月、大腿骨骨折。GH退所。
令和2年1月、老健入所。
ただ今、実母を自宅で介護中。
(現在継父→要介護3、母→要介護3)

平成28年7月、義父が心室細動により意識障害に。
平成28年12月施設入所。(要介護5)
平成30年4月義父他界。

義母(全盲)
平成29年2月施設入所。(要支援1)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR