事業所を変えちゃお

昨日午後、いつものようにケアマネさんが利用表を持ちやってきた。
何も変わらず、いつもの流れ、
さあ、来年度もお願いします・・・。
な~んて思っていたら驚きの発言。



「あの・・・、ごめんね。
ほんとごめんなさい。

わたし・・・いろいろあって・・・、
事業所を辞めます。

ほんと、ごめんなさい。

自分からケアマネ受けておいて、
勝手言ってるのは十分理解してる」




はあああ~~???
マジでぇ~!!



そのあと、色々話しました、
ぶっちゃけトーーク炸裂です。


こんなこと聞いちゃいけないんだろうけど、
ぜ~んぶ聞いちゃいました。


泣けちゃう話もあり、辞める原因となった一件も、
ぜ~~んぶ聞いちゃいました。


「もう十分頑張った。
もう、いいよ。
体壊してまで、やる仕事じゃない。

ケアマネ担当してもらって4ヶ月ほどだったけど、
十分すぎることしてもらったし、
私は大丈夫です。

次でまた頑張ればいいじゃん。
必要としてくれる場所でもう一度、
困ったご家族を助けてあげて欲しいから」




思わず口から出ていた言葉でした。



いつもニコニコ。
いつも明るい声で、いつも笑っていた彼女。
無理に笑顔を作り、頑張っていたと思うと、
そっちの方が辛いから。

そして実母が初めて今のデイサービスに行った時、
そのデイサービスで働いていたスタッフとして働いていた彼女。


一番声をかけてくれ、一番笑顔を向けていた人。
ほんとに実母が一番大好きな人でした。


残念ですが、しょうがない。
じゃー、どうしよ、次のケアマネさん。
今の現状、私のケアマネは大事な存在。


ちなみに・・・誰でしょうか?
次のケアマネさんは??



聞くと育休から戻る若いママさん。
保育園に入れ4月から新生活がスタートするとの話。


あっ・・・・、


ごめん・・・、


無理かも・・・・(-_-;)




実は前々からケアマネの事業所を変えたいと思っていた。
一瞬、『今しかない!!』という言葉が私の中で聞こえる。


あの・・・、
ほんと申し訳ないけど・・・



思い切って私も言いたいことを言わせてもらった。
でも話しながらでも迷いはある。
でも・・・今しかないでしょ。
この流れに乗ったらマズイんじゃない???



そんなことを思いながら、
何が一番の選択なのか。
長い時間話し合いながら、最終的に、
ずっと利用している今のデイサービスの居宅でお願いすることにした。


「わかった!!まかしといて!!」



そう言って、帰った昨日。
早速、昼頃電話があった。


「デイサービスの居宅に話したら、
OKでたから!!
私の知ってる子だし、大丈夫!!!
来月早速伺おうと思ってる。
いいかな」




動き出す、動き出す・・・・。
私も一歩、大きく動き出す。


これを気に、大きく流れを変えよう。
もう少し、もう少し、今の状態を改善しよう。
じゃないと、私の身体が壊れちゃうから。
スポンサーサイト

実母の定期受診

こちらが本来はメインですね(笑)


今日は強風が吹く中、病院に行って参りました。
多少混んでいた駐車場。
いつもなら正面玄関横付けなのですが、歩いてもらいたいために、
普通に駐車場に停めました。


「さあ、歩いていこうかな!!!」


「えっ!!さぶっ!!」


鬼娘は聴き逃しませんょ!!


「何が寒いだ!!
真冬に比べれば暖かい方だ!!
雪国の人はどうすんの!!

さっ!!行くよ!!」



実母のアイテム、杖を持ち、テクテク、テクテク・・・・・・・。
休み、休み、テクテク、テクテク・・・・・。

私たちのテクテク歩く横を、スタスタと歩く人達。
普通に歩けば、そんなにかからない距離だもんね。



院内に入るなりベンチにドスンと座る実母。
息は切れ、ちょっと苦しそう。
しょうがないな、ここからは車椅子か。


実母をベンチに残し、車椅子を探し、実母の元へ。
その頃には切れていた息も普通に戻り、頬はピンク色。


急いで受付を通り、診察室前に。
比較的空いています。
邪魔にならない場所に車椅子を置くと、
すぐ、真横に1台の車椅子が止まりました。
施設の人らしき方に連れられたご家族と、
車椅子に乗るご高齢のおじいちゃん。
紹介状をもってスタンバイしています。


検査かな・・・。


なんとなく、義父を連想してしまう。
そんなことを思っていると呼ばれました。


いつもの主治医。
電子カルテ見ながら、


「誕生日きたね、おめでとう!!
早いね、もう8年過ぎたよ。

いひひ(笑)、おいくつになったでしょうか。
正解は69歳だよ。

あの当時、赤ちゃんいたよね、妹さんの子だったよね。
あの子は今・・・2年生か。今度3年生だね


すごいよ、ほんと。
娘さんのおかげだよ。
頑張ってるもんね。分かるよ。

あっ、ご本人も頑張っておられるけどね(笑)」




思わず涙が出そうになりました。


ちゃんと、見ていてくれる人がいる。
頑張っていることを、理解している人がいる。



もうそれだけで十分。
十分です。




会計を済ませ、病院を後にする時、
私達の目の前を見覚えのある人が通ります。


あっ!!!!


訪問リハビリの先生。
外来にたまたま来ていたようです。


「あっ、今日は受診でしたね。
お変わりないですか?

うんうん、ちゃんと歩いてるじゃん!!
えらいえらい!!」



「ぐふふふっ」


実母も見ていてくれる人が居るから頑張れる!!
頑張っていることを知っている人がいるから頑張れる。


親子で同じだね(笑)

留守番電話

どうしても吐き出したくて、今日2回目の投稿。


行ってきました、義母を連れ、義父のところへ。
義母の施設に着き、必ずスタッフの方がいらっしゃるリビングへ行くのが恒例。
挨拶をしながら、ここ最近の義母の状況も聴きながら。


今日は往診が入る曜日だったらしく、うっかりしていました。
気を利かせたスタッフが、


「今日はご主人のところへ行くとおっしゃられたので、
○○さんは一番最初に診察受けてもらいますね」



申し訳ない・・・、新入りが最初だなんて(-_-;)


義母は承知の上だと言うので、とりあえず義母の部屋へ。
着くなり第一声がこの話。
ちゃんと理解していました、良かったよ。


で、往診が来るまで少し時間があったので、
あれこれやってあげないといけないことを最初に片付けることに。




まずは先週受けた耳鼻科の薬のチェック。
数えました、2つ、足りません。
落ちてしまったのか、多く飲みすぎたのか。
とりあえず、花マルとは行きませんが、二重丸ぐらいでしょうか。
不足している2つは確かめようがないのでスルーです。


あとトイレ掃除をし、簡単に洗面台や床拭きも一緒に。
その間義母は機関銃のように話し、止まらない様子。


ふんふん、ふ~ん、なるほどね~、そうなんだ~!!


説明もあまりないのでよくわからない。
聞き返したところで、本人もわかっていない場合もあるので、
ここもスルーで、半分聞いちゃいません。
が、相槌だけは多めにね、目が見えない分、
この辺は気を使います。


そんな話に夢中になっている時に私がやっていること。
冷蔵庫の在庫チェックや、日用品の在庫チェック。
あと、キッズケータイの充電。


フット目に止まったチカチカ。
キッズケータイから発信しています。
もしや・・・メールでも来たか??
(まだメール解除をしていないのです)


ポチポチ押すと画面に出てきました。
『留守電あり』
の文字。


誰からかと確認すると、
『次男』の文字。



留守電入れるなら、
施設に顔出せよ!!


貴方ね、


どーやって、


留守電の着信が


わかるんでしょうかね!!(ーー゛)




次男の留守電、
聞く気にもなれずそのままスルー。



何故なんでしょう。
こういうことなのでしょうね。
目が見えないことがどういうことなのか、
基本中の基本がわかっていないのです。


やっぱり、この人では出来ないわ!!




明日午前中は実母の病院。
定期受診です。
主治医に 『元気に来れましたよ』の握手をしてきます。
少し照れちゃう実母です(笑)

何か始めたい、そう思わせる春

やっと今日はデイサービスに行った実母。
一安心、一安心。


息子は春休みに入りましたが、部活があるので学校。
主人は仕事。


つーことで、久々の1人で家に居ます。
ほんの束の間の自由時間。
嬉しい限りです。


午後からは義母を連れ、義父の施設へ。
外は雨、せめて小ぶりになることを祈りたいです。


歩行が安定しない実母と雨の中、傘をさしながら歩くのと同様に、
全盲の義母を連れ、並行歩行しながら傘をさし歩くのは大変。


まあ、歩いても施設の駐車場から施設玄関までの少しの距離。
途中、階段だと5段ぐらいでスムーズに施設玄関にたどり着けますが、
階段は危険なのでスロープを歩く。なのでここがロスかな。




まっ、まずは今日、義母のところに行ったら、
先週受診した耳鼻科の薬がちゃんと飲めているか。
この確認から始まる予定。


断固、施設スタッフに薬の管理をさせない義母。
すっごく不思議なのですが、目薬も同様です。


とにかく断固として自分で管理すると聞かないので、
ものは試しだと思い、一週間だけもたせた薬。


これには主人は大激怒ですが、
ぶっちゃけ、命にかかわるような薬でもない?!ので、
少々の飲み忘れがあっても問題ない耳鼻科の薬。


しかし問題は、多く飲んでしまった場合。
どっかに出て来そうですが、まっ、身をもって経験してもらいましょ。


こうでもしないとね、収まりつかないのが義母なんですね。
どこまで譲れて、どこを譲らないか、駆け引きです。
説明も1度では入りませんし、入った情報も正確さには欠ける状態です。
で、1度入った情報は2度と修正はききません。


さらに経験も少ないので言葉での説明だけでは想像することすらも難しい。
見たことがない、経験したことがない状況を、
言葉だけの表現で想像することの困難さ。
ただ今、実感中。


さらにそこに義母独特の頭の回路。
ふつーじゃない回路。
そこに正確な情報を義母の頭の中に入れようと、
首をかしげながら、言葉を選んで話す私の姿はもちろん義母には見えません。




義母には認知はありません、
が、かなりのサポートが必要。
一見普通に何でも出来てしまうのではないかと、
そう見えてしまうことが困りもの。
これは本人が今まで生きてきたスキルの中で身につけてきた技でしょうね。


自然におこなっている部分もあれば、
意図として、ごまかしている場面もある。
そのごまかし部分を捉え、掴んだ時、一時停止する義母の行動。
まさに静止画を見てるように止まるんですよ、不思議だわ。


あ~あ、心理の勉強したいな~。
最近、大学のオープンカレッジのお知らせの広告が入る。
興味がある、心理の勉強。
独学でもいいから、始めようかな、来月は4月だし(笑)


まずは本屋さん。


誰が言った!!(ーー゛)

今日は本来デイサービスの実母。
が、先週、デイサービスとショートが立て続けに入ったため、
昨日、今日はお休みにしたのです。
なので2連チャンで自宅待機の実母。


なんとな~く、2日目の自宅待機ともなると、
実母も調子良くなり、甘えも出てくるのも当然!!
これは仕方がないことなのでしょうが、


やって当たり前!!


出来ないことはしょうがない。
しかし、出来るのに明らかな態度は許せない私。


出来るはずのズボンの上げる作業も、一瞬待つのが分かる。
やってくれないと思うと途中までやる態度。
さすがに疲れも出てくるので一喝!!


「出来るでしょ!!
出来ることをコツコツ継続しないと、
出来なくなっちゃうんだよ(#・∀・)
やってもらえばね、楽だろうけど、
出来なくなったら、ここでは生活できないよ!!」



そういうと、何も言わず、渋々動き出す実母。
口答えしないのは、私に気を使っているのでしょうね、きっと。
そういう実母です。





で、こっちの母。義母ですね。
先程、主人から電話。


「お母さんが、
『○○さん(私のこと!!)、まだ来ないのかしら?』
って言ってるけど、今日は行かないでしょ?
お義母さん居るもんね、デイ休みでしょ?」




はっ?!
誰が行くって言った!!



もう思い込みと、自分の都合だけでしょうね。
まあね、思い込みが強いのは義母の特徴。
なぜか、義父のところに行くのは、
『毎週月曜日』
と入ってしまったのでしょうね。



ならば・・・、
意地悪の私。


毎週月曜日には行けないですが、
義母の都合が良い月曜日に私が行ける日のみ、
お誘いしましょうかね。
そうしたら間違いはないでしょう。


そう、明日行った時に言ってやりましょう。
そうなんです、明日は行きますよ、義父のとこ。
おむつの在庫切れも近いですしね。


そんなことなど、知るはずもなく、
自分の知らないところで、物事が動いていることなど、
知るはずもない。


幸せですよ、本当に。
そうやって、人生生きてきた人です。
先日、ご自身でも言ってましたよ。


「私は何も苦労もせず生きてきた。
田舎だったから、戦争で苦労することもなかったし、
高校出ても姉頼り上京し、困ることもなかったし、
職場でおとうさんと知り合い、お金でも苦労はなく、
家に居たら良かったしね。

周りの人の話を聞くと、みんな苦労してるのよね。
私、苦労してこなかったから、
今、バチが当たってるのよね」




はっ??
バチ??
今のこの生活?!がね。
甘えるのもいい加減にしろ!!




ふ~~~~~~~~~~~ん、
バチね・・・(ーー゛)

私はずっと、結婚してから、
バチが当たり続けてますけどね!!(ーー゛)




あ~あ、3時ですよ~。
トイレの時間ですよ~、
お茶の時間ですよ~~!!


私の人生、バチだらけ・・・。
プロフィール

Author:♪菜の花♪
主人、息子の3人家族。
平成20年12月、母が急性心筋梗塞で心肺停止。
後遺症で高次脳機能障害に。その後、継父の認知症が分かり同居と同時にダブル介護生活。
平成22年10月に継父GHに入所。
(継父→要介護1、母→要介護3)
ただ今、実母を自宅で介護中。

平成28年7月11日
義父が心室細動により意識障害に。
現在入院中。今後のことを含め考え中。

現在、実母の介護、主人の父を看ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR