徐脈で受診

今度は実母です。


先週の水曜日の訪問看護が入り、そこで発覚!!
訪問看護師さんの都合で、いつも午後に入るのですが、
この日はたまたま午前中の朝イチ。


いつも通りバイタルを測ると看護師さんの顔が曇ります。


「息苦しさとかない?
胸がキュ~ンとしない??」



と聞かれる実母。
なんのこっちゃという顔で、

「まったくない!!」


「脈だけがね、38しかないんだけど・・・」

はあああ~~??

でもその日は30分もすると64にまで心拍数が上がり ほぼ正常に。



それから3日後。先週土曜日。
この日はデイサービス。
正直、徐脈は忘れかけていました。


いつも通り帰宅する母。
スタッフが、


「今日、朝のバイタルで徐脈が続いてね。
で、お風呂は見合わせました。
今は正常に戻っていますが、
様子を見てください」



が~~~ん!!

マジかあ~~!!(ーー;)



すぐに訪問看護師さんに連絡。
一応、30台は少なすぎるので、症状がなくても、
月曜日に受診したほうが良いとのこと。
そこで、そこからデーターを取り始めた。







すると、朝だけ、それも10時を過ぎると脈も安定。
自覚症状もなし、脈のみ数字が低い。




で、今日、このデーターを持ち受診した。
心電図、血液検査をしたが異常なし。
主治医が言うには、


結局、朝だけなので、これでは不整脈とは考えにくく、
他に考えられることも血液検査からも特に問題はなさそう。
様子見かな・・・・。



まっ、血液検査でも異常なしだし、
爆弾抱えている実母なので、心臓以外での悪さはなさそう。


なんだかんだ言いながら帰宅したのが昼過ぎ。
こういう時に限って、息子がテスト週間で早くに帰宅。
息子には菓子パンを食べさせながら、急いで昼ごはんをつくる。


こうやって、急遽動かないといけないことがあるとパートにも出れぬ。
そしてピースの1つが崩れると一気に破綻する現在。
まあ、そもそも今の現実がありえないんですけどね。


でも今回のことで、『もしも・・・』の備えは必要かと。
主人の心構えも含め、やはり、身内が頼れないのであれば、
他人を入れていくしかしょうがない。
あまり金はかけれないんだけどな・・・(ーー;)


私への警告の徐脈と捉え、素早く対処に動こうと考えている。
スポンサーサイト

ええええ~~、10分??

まあ、まあ、次からへと…(ーー;)


昨日は朝から予定していた義母がお世話になっている施設の施設長との話し合い。
内容は、ズバリ!!


お・か・ね!!(ーー;)


「単刀直入に言う」と言いながら出かけた主人。



1時間ほどで帰宅。
かなり厳しいとのことですが、
社長に掛け合ってみると言ってくれた施設長。



とはいうものの・・・・、
まあ、提示した金額というのが、市内にあるケアハウスの料金表。
ここは以前、今の施設入居と天秤にかけていた所。


私はこちらの施設のほうが施設体制も良かったのと、
スタッフが良かったことの2点が決め手だったのに対し、
主人は他の入居者の方の年齢や、体の状態などを気にしたようで、


「ここにお母さん入れるのは・・・・、
ちょっとかわいそうな気がする」



とまあ、な~んにも知らない主人のこの意見と、
義母の、


「部屋で飲食ができないのは嫌よ!!」


の言葉であちらの施設の方は引いちゃったんですね。
で、今の施設だと飲食もできるのでOKしたのですが・・・・、
なんせ金額がお高いのがね・・・難点でしたが入ってもらわないとね、
いけなかったので。


で、結果ですが、
社長と掛け合った内容はというと、


「夫婦部屋が空いているから、
夫婦で入ればお安く出来る」



というはなし。


まず、ムリッ!!
義父を動かすことがまずムリッ!!



つーことで条件合わずで、引っ越しを検討する予定をしています。
で、まあ、一応ね、一応さ、義弟たちにも言わないとね。



で、そうそう、義弟さん(次男さんね)。
この前のすったもんだあった『義父の廃車』 のこと。
あれから、な~んにもなかったのですが、
先週、義母の施設に来たらしいのですよ、
それも滞在時間が、


10分!!

10分です!!

10分ですよ!!

しつこいですが、

10分ですっ!!



どうやらね、先日廃車のお礼にと、
次男嫁の実家の親にお菓子をね、義母が選び、義母の名前で送ったのですよ。
で、そのお返しを持ってきたらしいのですよ、次男がね。


でもね、10分の滞在ってさ、
どうやったら10分で帰れるのかが不思議でね。


義父の施設でおむつの補充にだけ行った時があって、
その時はスタッフには挨拶はしたものの、会話はせず。
チラッと義父の顔見て、オムツ補充して、猛ダッシュで居室を出て。
それでも帰りの時間を書いたら35分かかってた。



嫌なのは分かるけどさ、親だってば!!
どうせ、


「お母さん、○○だけど、
これね、嫁の実家から、この前のお菓子のお礼。
それじゃ~ね(^_^)/~」



てなとこでしょ。
質問は1つだけって感じかな。


もちろんスタッフには声掛けもなしで、
全く気が付かなかったといっていたスタッフ。
どういうことでしょうね、親がお世話になっているのにさ。




で、まあ、こんな息子でも来てくれたことは嬉しかった義母。
嬉しそうに話していましたよ。


そんな義母、昨日は歯科検診へ。
あと入れ歯を落として割ってしまったので、その修正と、
次回入れ歯を作り直しで予約を取る。
診察は少々時間がかかり1時間で病院を出る。


で、車に乗り込んだ義母。
ちょっと弾んだ声で、


「これからどうするぅ~♪」


ほんとにね、「音符♪」が語尾につき、
「どうするぅ~」ってちっさい「ぅ」が入ってたの。
で、弾んだ声。


何弾んでるんだよ!!

どこにも行かね~よ!!

ああ、でも、貴女が欲しいと言った買物は行かないとね。

それ買ったら帰ります、おやつの時間ですからね!!



主人も同じことを思ったのが、


「買い物して帰る!!(-_-)」


「・・・・・・・・(ーー;)」


義母に一撃です(ーー;)




いいんです、これで。
私たちに、期待しないで欲しい。
正直な気持ちです。
別に、貴女(義母)のお世話をしたくてしているわけじゃないんです!!



昨日も、人の肩に手を置き歩きました、
すると私の首筋がサワサワするのです。
鳥肌が立ったと同時に義母が、


「髪、長いのね。
暑かった時は結んでいたのかしら?」




ぎゃ~~~!!(@_@)

うぜ~~~~~~!!(@_@)

触るな~~~~~!!!(@_@)

馴れ馴れしいんだよ~~!!(@_@)



もう・・・・気持ち悪い・・・・(ーー;)




こんなのに付き合っている時間はない。
今度は、実母です!!
昨日も訪問看護師さんにどう対応していいかわからなかったので、
電話しちゃった。


あ~あ、明日は急遽受診予定です!!
雨ですよ、明日、トホホホ・・・(ーー;)

今だけです、涼しい顔してられるのも

あつ~い!!10月なのに室温32度。

なんじゃこりゃ~!!(ーー;)

実母はただ今涼しくしたクーラーの部屋で爆睡中。


昨日ショートから帰宅した実母。
少々お疲れ。
まっ、疲れるぐらいがちょうどいい。
実母と同じ年の方、孫の子守に追われていると、秋祭りで愚痴(笑)
そう、同じ年はそんな感じ。


あれこれ比べてみてもしょうがないわね。
でも、それも、これも、祖母を看なかった実母の報いでしょう。
あの時実兄と話し合い、継父を置いて、自分の親の介護に出向いていたら・・・、
どうなっていたかなんか、今となっては、時はすでに遅し。


で、そのとばっちりを、娘である私が背負っているという図式なのか・・・。



昨日は主人が休み。
やっと秋祭りも終わり、そろそろ着手しなければいけない問題に。


そう、親のお金の問題。


朝から帳簿を取り出し、義両親それぞれにかかるお金を算出。
今でもマイナスで出ている現状。
問題なのが義父が亡くなったあとの義母のお金の行方。
義父が亡くなると、マイナス金額はさらに増し、大洪水のように、
預貯金が無くなり、今のままだと4年ほどで貯金残高がゼロになる。


自宅売却もありうるが、義父が亡くなったあと、義母が相続。
しかし、『売る』とは選択肢にない義母。
絶対に自分が生きている間は売ることは考えないでしょう。
これは預金残高がマイナスになっても。


だとすると、義母が亡くなったあと売却するとして、
マイナスになった時点でマイナスの補填分を3分割する(3兄弟で)。


しかしここで問題なのが次男とこ。
ここは絶対に出さない、というか、出ないだろう。
ならば、看ていただくしか方法がない訳で。
もしくは、財産放棄か・・・。まず無いでしょうね、これも。


なるべくならマイナスになる時間をかせぐためには、
今の入居している有料ホームを退去し、お安い所に移るしか方法がない。
それも、本人の希望は聞いていられないので、お家賃で探すことになる。
安くなるということは、それなりに家族にも負担が増えるのは必須。
ならば、義弟夫婦にも入ってもらわないとね。
財産欲しいわ、親のことはやりませんではね、だめでしょ。
涼しい顔して、施設周りなんかしてほしくないわ!!


この結論を今週末に義母がお世話になっている施設長に話を持っていく予定。
さすがに今の施設料金の『プライスダウン』は望めないだろう。


あと家庭裁判所にも近々行って話を聞いてこようと思う。
それと不動産売却のこともね。


資料が整い次第、義弟たちに長男である主人が話をするらしい。
待ってろよ~、義弟たちよ!!

秋祭り、大成功(^o^)

安堵、安堵の今日。
無事、怪我もなく終わることができました。

祭り朝の当日まで動いていました。
これ↓提灯(笑)
全部で40個。
画用紙で土台を作り、中身は風船。







餅まきの舞台となる公園内に入るためのスロープの手すり。
最初のつかみとして装飾してみました。






これには大反響!!
予想外の展開にちょっと驚いた私^^;


あと写真はないので残念ですが、
餅まきなので、お餅もまきました。市販の餅。
パッケージに何もないのでさみしいと思い、
みんさんに、たくさんの『福』が届きますように・・・・と、
消しゴムはんこで 『百福』 と彫り、のし紙のように餅に巻きました。
これも反響があり、苦労が報われた瞬間でした。



今年は初の試みである「餅まき」。
言い出しっぺの私は、クレームが来るんじゃないかとドキドキしながら、
当日ギリギリまでアセアセ^^;


そんな不安を一気にかき消すぐらいの大勢の方々が集ってくださり、
今まで祭りに参加していなかった顔ぶれも見られ、
アットホームで、和気あいあいで、みんな笑顔で、
終わったあとも、取れた景品を見せ合うなど余韻も残り、
大成功となりました。


終わったあと、ねぎらいのお言葉を頂いたり、
「来年もね」なんて声を頂戴したり(笑)、
餅まきから繋がる地域交流など、様々なご意見をいただきました。


これもひとえに、実行委員会のメンバーの熱意と努力の賜物。
6月からの4ヶ月間。ほんとうにがんばりました。


ちょっと抜け殻のようになった私。
4ヶ月間、秋祭りに注いできたエネルギー。
今度はどこへ向けたらいいのか・・・・。
ちょっと途方にくれている私です。

色んな気持ちがあっていいじゃない

秋祭りが3日前になり、昨日も最終打ち合わせ。
少人数で集まれる人で集まった。
いよいよです、ストレス発散です。


【インフルエンザ】
そろそろそんな季節。義母の施設からもインフルエンザの依頼が来ました。
市によって助成金額が違う、手続きも違うそうで、


「施設の往診のDrで受けるのなら申込みを。
通院している病院でご家族が連れて行った時に受けるなら申し出を。
それぞれの市町村により、手続方法とが違うので、
ご確認ください」



このお知らせが来る前に、事前に聞いていた私。
義母に伝えました。


「インフルエンザは往診の先生にやってもらえばいいね」

と言う私に、眉をしかめる義母。


「インフルエンザはいつも受けてる病院があるのよね」


でえ???


「どこで打ってもワクチンは同じですよ。
お義母さんは定期的に受診している病院がないから、
わざわざ行かなくても、往診の先生がいるんだし」



「この施設で?打つの?病院じゃないのに??」


面倒くさいです、
いつもと同じじゃなきゃ嫌なのです。
医療処置だとということらしいです、わけわかりません。
主人にお願いしましょ。自分の親ですからね。




【不謹慎ですが・・・・】
一昨日、三男からラインが来たそうです。
自分の子が事故にあい病院に運ばれたが、幸い大したことがなく、
1週間で退院できたとのこと。
事故当日はお嫁ちゃんはパニクリ、号泣で、まともに救急隊員と話ができず、
救急隊員から三男の所に電話があり病院に駆けつけたとのこと。


このLINEのあとの返信ね、
真っ先に返信があったのが次男嫁。
それがね、まさかの、

スタンプ返信!!

驚いたスタンプの絵です。


ありえないでしょ・・・・スタンプって事態じゃないでしょ。
次男嫁のスタンスは、こんな感じなのでしょうね。
かる~い、どこまでも軽~い。


そしてコメントが、
「いろいろ大変だったね」
原文のまま。これだけです。


ちなみに、次男ところにも同じ年の子供が居るのですよ。
かぶらないのでしょうかね。
そんなこと考えたら、スタンプなんか送れないでしょ!!




この事故の話を聞いた時、真っ先に思ったのが、
「親の悪事が子供に下ったのではないか・・・・」と。


すごく不謹慎で、この子供にも悪いですが、
「まっとうに、ちゃんとした自分の責務を務めていないために、
親本人ではなく、子である自分の分身に天罰がくだったのではないか」
と。



偶然なのですが、先日祭りの打ち合わせ時に来た介護経験者の方が
言っていたのを思い出します。


「やっていることは全て無駄ではない。
ちゃんと意味があることで、必ず何処かで報われる時が来る。

でもね、やっていない人にも報いは来るのよ。
こんなこと、許されるわけ無いでしょ!!
自分の親をやってもらってて、感謝すらしないなんてね。
こんな子供に育った親の責任もあるけどね、
でもね、親にだけ教えてもらうわけじゃないのよね。
社会から学ぶこと、他人から学ぶことも多いわけ。

この悪事の責任は自分本人だけじゃない、その家族にもふりかかる。
平等にできてるのね、ちゃんと受けなきゃいけないものは来るものなのよ」



そう、静かに言っていた矢先のことだったので、
鳥肌が立った。


とにかく、子供の怪我が大したことがなく良かった気持ちもあるが、
不謹慎ですが、
「ざま~みろ!!」と思う自分がいたのは事実。
そういう気持ちがある自分も受け入れよう、素直に思う。

プロフィール

♪菜の花♪

Author:♪菜の花♪
主人、息子の3人家族。
平成20年12月、母が急性心筋梗塞で心肺停止。
後遺症で高次脳機能障害に。その後、継父の認知症が分かり同居と同時にダブル介護生活。
平成22年10月に継父GHに入所。
(継父→要介護1、母→要介護3)
ただ今、実母を自宅で介護中。

平成28年7月。
義父が心室細動により意識障害に。
平成28年12月施設入所。

義母(全盲)
平成29年2月施設入所。

現在、実母の在宅介護、GHに居る継父、
施設入所している義父、義母も看ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR